キラキラッ・・・
この前テールパイプトリムを交換してからだいぶ経ちましたが、やっと洗車することができましたw
その間、福岡市内でも数センチの積雪を記録してさらに汚れ、さらには数日前に黄砂がド派手に降ってくれまして・・・
そりゃ酷い状態でした。
まるで灰を被ったボディにさらにきな粉を振りかけたような車は本来のアルピンホワイトⅢに復活ですw

さて洗車もしたことですし、今日はグリルを交換してみました。
左側のグリルがガタついていたのでこの際両方とも交換です。




まずはグリルを取り外しますが、方法は簡単です。
ボンネットを開けてグリル裏側に嵌まっている爪を押して外せばOK。
しかしこの爪がくせ者でして・・・
すでに数本が折れていますw
左側は外側の爪が3本も折れていたため大きくぐらついていたようです。
そして取り外す際にあっけなく他の爪も折れ、再利用はほぼ不可能な状態にw
この爪をすべて折らずに取り外すのはかなり難しいと思われますので、再利用する方はくれぐれも慎重に・・・






取り外したグリルを見てみますと、爪はこのように上下それぞれ2箇所と左右それぞれ1箇所の計6箇所あります。
黄色い丸印は正常な爪で赤丸が折れた爪です。
このようにほとんどの爪が折れてしまい、かろうじて残った爪も根元にヒビが入ったりで完全な形で生き残っているのは2,3個という有様w




ちなみにこのグリル、メッキ部分の爪を外せば枠とインナー部に分割できます。
しかしパーツはアッセンブリでの供給となっているようで、爪の折れたインナーのみ購入することはできなさそうです。




こちらが新品のグリルです。
エアガイド側のゴムも弾力性があり、当然ですが爪もしっかりとありますw
取り付けは表から押し込むだけなのですが、要領としては上側を先に入れて下側を押し込むとスムーズに装着できます。




そして作業終了。
爪の構造と場所を把握し、さらに再利用しないという前提ならば交換は数分で終わります。

さぁ、これで今回輸入したパーツの装着はほぼ終わりました。
テンションローラーなどは車検時にディーラーに頼みますので、自分で取り付けるのはあと一つだけ。
その一つが結構難易度が高いというか、ちょいと面倒臭いんですよね・・・
まぁなんとかやってみます^^



| 車::E46・メンテ | 01:31 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/387
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら