長崎最終日・・・
ランタンフェスティバル期間中の3連休最終日。
朝はゆっくり起きて11時にチェックアウトします。
この日は諏訪神社に寄ってから美味しい物を食べてお土産を買って帰ることにします。




鳥居の「鎮西大社」とはあくまで通称であり、正式名称は「諏訪神社」という国幣中社です。






下から200段近い階段をせっせと上がり、やっと目の前に表れた立派な拝殿は明治2年に再建された物を昭和58年に増改築したものだそうです。
横の方には「さざれ石」が置いてありましたが、霧島神宮にもあったよな・・・
これってあちこちにあるもんなんですかね?

さて、この日はなにやらお祭りが催されていたようで、拝殿の中には大勢の人が神職の方の話を聞いているようです。
ですからあまり大声を出したり、中のほうまで写真を撮らないよう心がけます・・・

ピンと張り詰めた空気の中、何も考えずただボーッとしているだけで心地よい、そんな感じが私は大好きです。




隣には「病魔退散大楠」という大きな楠木があります。
この神社の建立時にはすでにあったそうで、樹齢は恐らく500年は越えているとのこと。
またこれ以外にもまだいろいろ見所があるみたいなのですが、この先の予定もあるので今日はこの辺で・・・
私もかみさんも1度来てみたいと思っていた場所なのでよかった。


さて、このあとはシーボルト通りと呼ばれる通りを歩いてみます。
古くからあるような商店から新しいお洒落な店など立ち並んでいる通りですが、そこがこの先北九州まで伸びる長崎街道の起点だったんですね。
歩いているときに雰囲気が何となく「旧街道」って感じがしたのは間違いではなかったようです。

そのシーボルト通りから電車通りに出てあるお店を目指します。
そのお店は「meat sukky」という小さなお店です。
その名の通り肉料理の店なのですが、どうしてもここで食べたいものがあったのです・・・

2年前のランタンフェスティバルの時、帰りの列車までちょっと時間があったので駅前の「かもめ広場」で変面ショーなどを見ていたときです。
いろんな出店もあったのですが、その中でやたらとアピールしていたのが長崎和牛ブランドの「出島ばらいろ」でした。
レモンステーキなどお試しで売っていたのですが、大勢いるお客さんの中から「美味しい」との声が聞こえてきたので私たちも買ってみたんですね。
そしたら確かに美味しくて、少量とはいえ1000円程度する焼き肉やステーキをおかわりする事態に・・・
長崎市内のわずか8戸の農家でしか生産されていない「出島ばらいろ」は長崎市内でも取り扱いが極端に少ないため、福岡で手に入れようとか食べようとか無理な話です。
そんな中、長崎市内でも気軽に食べられるお店がここ最近増えてきているとのことで、今回丁度諏訪神社近くに見つけたお店に向かうことにしたのです。

精肉店の直営でハンバーグやステーキなど、肉がメインの小さなカフェスタイルのお店なのですが、なんとHPには日曜祝日は休みと書いてあるんですね。
この日は祝日ですから情報通りならお休みです。
しかしランタンフェスティバル期間の3連休ですからもしかしたら開けているかも・・・と淡い期待を抱いて歩きます。

すると、幸運なことに開いていました^^
さらにうれしいことに、丁度テーブルが一つ開いているじゃありませんか!
すぐに出島ばらいろのステーキランチ(モモ1ロース2)を注文します。




よく「脂と赤身のバランスがいい」なんて言いますけど、まさにそれですかね。
やわらかいけどしっかりとした肉質で、ロースはまさに絶品でした。
モモのほうもやわらかくてロースよりもお肉のうま味が強く、これまた絶品。
霜降りでサシが多く入っていかにも高級ってお肉でも、脂が勝って肉本来の味が感じられないものも多いですよね。
特に私は歳のせいかその点が非常に気になるようになり、食感よりもうま味を求めるようになりましたw
その点で言うとこのお肉はとてもバランスが取れていて私好みです。
熊本のあか牛も赤身の美味さは文句なしですが、出島ばらいろも福岡で買えるようになれば同時に食べ比べてみたい、そんなお肉でした。


家族3人全員が満足顔w
外にはお客さんが並んで待っていますので、長居をせずに店を出ます・・・
出てすぐに隣にある経営元の精肉店で「出島ばらいろ」をたくさん買い込みます。
保冷剤があるか聞いたところ「ない」とのことでしたので、氷を多めに入れてもらい大きな袋を抱えて帰ることにしましたw
そのあとは電車通りをテクテク歩いて松翁軒本店で五三焼とチョコラーテクラシックを買って長崎駅に向かいました。

今年は「かもめ広場」でのイベントは「バレンタインデー」関連の物ばかりなので興味なしw
さっさと改札を通過してホームへ。
すると何か見慣れない列車が・・・




ワォ!
なんと走る仏壇こと「或る列車」じゃないですか!
ビカビカやなw
1度乗ってみたいと思っているんですけど、結構高いんですよね・・・
しかもスイーツでしょ?
子供やかみさんは喜ぶかもしれませんけど、私は微妙だなw

まぁこんな手を合わせて拝みたくなるような列車を見たあと、往路と同じく787系のグリーン個室で博多に戻りました。
今回は初めて長崎で2泊しましたが、見所はまだたくさんあるので出来れば次回も時間を掛けていろいろ見てみたいと思います。

| 旅::ランタンフェスティバル2019 | 23:14 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら