今やマイノリティー・・・
私は喫煙者です。
学生時代からかれこれ25年ほどになりますが、一度も禁煙はしていません。
やめようとか、減らそうとか、そういったことはこれっぽっちも考えていませんので、この先もよほどのことがない限りニコチンに依存して生きてくことでしょう。
社会における喫煙者の立場は小さくなるばかりで、これは仕方ないことですね。
タバコにおける害については十分理解していますし、ルールやマナーはしっかりと守って喫煙をしています。

そんな私ですが、新築した家の中は一切吸わないと決めていましたし、実際吸っていません。
その都度裏のポーチでモクモクと紫煙を揺らしていたわけですが、ある時ひょんなことからIQOSを手に入れます。
これならヤニでクロスが汚れる心配もないし、いやな臭いが充満することもない、はず・・・

その日以降、私が紙巻きタバコを吸う本数が激減します。
できれば全てIQOSでカバーしたいと思うのですが、いちいち充電しなきゃならないし故障率が高い、そして頻繁に掃除をしないといけないのが難点です。
実際2ヶ月の間に2度も故障(ホルダーの赤点滅)し、その都度カスタマーセンターに電話して交換品を送ってもらいましたが、その対応についてはすばらしいものでした。
サポートに連絡して翌々日には交換品が届きましたからね・・・

そんなIQOS生活を続けて数ヶ月、気になっていたヤニ汚れは一切ありませんし臭いも気になりません。
スティックを抜いたときに多少麦茶を焦がしたような臭いがしますが、残ることはありません。
これなら家の中でも長期にわたって吸えるとなるともう1セット欲しいと思うようになります。
自宅用と車用に分けて使いたいな、と・・・

しかしコンビニではもはやどこも売っていない状況で、なかなか手に入れることができません。
天神にあるIQOSストアに平日の朝早くから並べば買える可能性は高いと聞き、一度並んでみようかと思っていましたがなかなか難しい。
そんなときにあるメールが飛び込んできます・・・

「限定品のサファイアブルーを優先購入できます・・・」みたいなメールです。
しかしそのメールに気がついた時(受信約2時間後)にはすでにリンク先はパンクしており、HPにアクセスすることすらできませんでした。
それから半日以上経っても改善されないためメールでちょいと問い合わせたんですよね。

「HPにも入れないのはどういうこと?」と・・・

それから約1週間後の16日に返事が来ます。

「ご迷惑をお掛けして申し訳ない、お詫びと言っちゃなんだがサファイアブルーのIQOSを特別に売ってやる」ってなメールです。

マジ?
そりゃありがたい!
ってことで注文し、約1週間で手元にやってきました・・・






むっちゃ綺麗です^^
使うのがもったいないほどですが、2セット目が欲しくて仕方ありませんでしたから速攻で使わせて頂きます。




今まで使っていたホワイトも清潔感があっていいですが、ブルーもいいでしょ。
ただ一つ気になるのは故障したときの交換品もブルーなのか・・・ということ。
なんせ最初の1本目が1ヶ月持ちませんでしたから、速攻で壊れて代わりに送られてきたのが白とかだったら悲しすぎますからね・・・


| 独り言 | 23:53 | comments (0) | trackback (0) |
こどもがうまれたよ・・・


身長約3mm、体重計測不能、雌雄不明。
自宅の水槽に入れているミナミヌマエビの子供が生まれました^^

新築後しばらくして立ち上げた60cm水槽で熱帯魚を飼い始めました。
今のところまだカージナルテトラが10匹だけですが、来年春にはまた追加してみたいと思います。
その水槽にいわばコケ取り要員として投入したミナミヌマエビですが、2,3週間前に卵を抱えて隠れている雌を発見します。
都合3匹の抱卵個体を発見し、とりあえず2匹をサテライトに隔離して孵化させることにし、残り1匹は本水槽の中で孵化させてみることにしました。

数日前、そのサテライトの2匹のうち1匹から稚エビが孵化していました。
最初はどこにいるのかさっぱり分からなかったのですが、今日見てみたら結構な数を確認することが出来ました。
モスやマツモにしがみついて、あるいは壁面にへばりついて一生懸命ツマツマしているのを見ると癒やされますね^^




もう1匹はまだ抱卵中ですが、そろそろかな・・・?
本水槽の1匹は隠れていてなかなか確認できないのですが、昨日の段階ではまだ卵を抱えていました。
ここで脱皮されたらかないませんので、水替えの量を減らしてあまり刺激しないようにしてます。


アクアリウムに関してはまだ1年半の超初心者ですが、今後も続けていきたいと思います。
機会があればその辺も記していこうと思いますのでよろしく・・・

| アクアリウム | 02:21 | comments (3) | trackback (0) |
他の部屋もちょいとだけ・・・
忙しい忙しいと言いながら休みもしっかり頂いている身なのですが、なかなかブログに手を付けることができません。

我がマイホームも引き渡しから約5ヶ月が経ちました。
夏真っ盛りで猛暑日の続く日もあり、エアコンの効きや電気代が気になっていましたが驚く結果となりました。
1Fのエアコンは2台を24時間稼働させていたのですが、月の電気代は1万円ちょっと。
前の家は断熱材もろくに入っていない築40年近くのボロ家でしたので、夏は冷えず冬は暖まらないという状況でした。
そんなボロ家での電気代は安くて1万円、高い月は2万円オーバー!
しかもそれにガス代(自宅のある地域は集中プロパン)が別途かかっていましたので、月の光熱費はかなりの金額でした。
それが今回はオール電化ということもあって、ガス代がないため以前よりも大幅に削減されています。
家の断熱性能の向上とエコキュートによる給湯での省エネ効果は絶大でした。
そして現在、日中の気温もずいぶん下がって寒くなってきたのですが、暖房はリビングのエアコン(7kw)1台で家全体が賄えています。

そんな我が家ですが、前回までにご紹介できなかった部分をちょっと書いていきます。




こちらは輸入の洗面台です。
洗面所は一坪のタイプですので洗面台も90cmクラスの標準仕様。
ミラーキャビネットはアメリカのKOHLER社のもので標準仕様よりもダウングレードなのですが、個人的にはこちらの方が断然好みでした^^
キャビネット本体は壁に埋め込んであるのでミラーだけが壁に掛かっているように見えますが、ミラーを開けるとちゃんと収納棚があります。




洗面ボウルはアップグレードで選んだ唐草模様のタイプで、かみさんのお気に入り^^




風呂はLIXILのアライズで1616サイズ。
浴槽は最近出た1600ロングというタイプですが、ショールームでこの浴槽を試して即決でした。
その他では標準のプッシュ水栓が非常に便利です^^
あと扉は標準の折戸から引戸に変更。
これで私が万が一風呂場で倒れても「扉が開かない!」ってことはないでしょうw






上が1階で下が2階のトイレです。
1階トイレのクロスは腰上にサンダーソンの輸入クロスを使いました。
何度もインクを重ねる印刷方法で、まるで実物の絵画のようです。
輸入クロスには国産にはない繊細でとても美しいものがたくさんあるんですが、なんせ価格がべらぼうに高いw
ですから狭いトイレの腰上なら・・・ってことで気に入った輸入クロスを貼ってみました^^
輸入クロスの大半は紙製なのでトイレに使うのはどうかな?って思ったのですが、なんとか大丈夫そうです。




こちらは1階寝室に置いた私のデスク^^
デスクと袖ワゴンはASHLEY(ローラアシュレイじゃありませんよw)というメーカーで、比較的リーズナブルなアメリカの大手家具ブランドです。
アメリカ版IKEAって感じでしょうか・・・
日本にもオフィシャルショップがあるのですが、国内に在庫がなかったため3ヶ月以上かけてアメリカからやってきました。
海外のデスクですから全高が若干高めなんですが、実際に使ってみて何も気になることはありませんでした。
見た目も重厚ですが、実際とてもしっかりと造りでガタや揺れは一切なくさすが欧米人向けw
材質と色やサイズが希望とピタリ一致したので思い切って買ってみたのですが良かった^^
ちなみにチェアはオカムラのサブリナというモデル。
クッションはすばらしく座り心地がいいのですが、しっかりとコシもあるので長時間座っていてもモゾモゾすることがなくなりました。
キャスターはフローリングに配慮してウレタン製に換えてありますが、耐久性が気になる所ですね・・・




そして寝室の様子がこちら。
7畳ちょっとの部屋にダブルベッドを置いたらこんな感じですよw
まぁベッドなんて寝るだけで動き回りことはありませんので狭くて不自由はありません。
ただ一つ気になっていたのは、デスクとチェアを置くスペースが微妙だったということ。
これも実際に設置してみたら余裕だったので一安心・・・
ちなみにリネン類はとりあえず今あるものを使ったので、掛け布団とカバーなどは後々買い換えることになります。




寝室の広さとデスクを置くスペースも考え、ベッドフレームはヘッドレスのタイプにしました。
そしてヘッド側にはヘッドボードの代わりといってはなんですが、壁に板を貼って塗装してもらいました。
これはフォレストヴィラホームのあるモデルハウスで見て気に入ったので同じように施工してもらいました。


さぁこれでだいたい全部紹介できたかな?
まぁ細かい箇所はまだまだあるのですが、マイホームのご紹介はこれにて終了いたします・・・

| マイホーム | 02:55 | comments (2) | trackback (0) |
天領日田・・・その2
昨晩までの雨は止み、この日は天気も回復して気持ちよい一日になりそうです。
遅めの朝食をとりチェックアウト。
これから日田の古き良き面影を残す豆田を散策してみようと思いますが、気になるのは駐車場・・・
宿に預けて歩いて行こうかと思いましたが、従業員曰く「歩いて行くにはちょっと遠い」とのことで、おすすめの駐車場を教えてらって出発します。

車で10分足らずの場所、豆田の町並みの西側にある駐車場。
まだまだスペースも空いており、従業員の方ありがとう^^




一見人通りはまばらのようですが、その時を狙ってシャッターを切っているわけで実際はかなりの人出なんですよ。
比較的通行量の多い狭い道路の両脇を観光客が大勢通り、それを避けながら車が通行するような感じでちょいと神経を使います。
気になるお店に片っ端から入って廻りましたが、特に欲しいモノとかあるわけじゃないので買うものはあまりありません。
とりあえずグルッと回ってみようと歩いて行きますが、東側の上町通りに入ると人通りがぐっと増えます。
こちらがメインストリートなんでしょうか?
正直写真どころじゃありませんw
行き交う車に注意を払いながら進んで行きます・・・




するとなにやら存在感のある建物・・・

日本丸総本家

古い薬屋だそうで、日本丸は「にほんがん」と読みます。
あぁ、正露丸みたいなもんかw

この辺のシンボル的な建物のすぐ先にこの日お目当てのお店があります・・・




「千屋」といううなぎ屋さんです。
ここで有名な「日田まぶし」とやらを食してみたいと思いやってきたわけですが、意外と空いてるんであまり並ばずにすみました^^
日田まぶしとは、まぁいわば日田のひつまぶしです。




出てきた日田まぶしがこれ。
一般的なひつまぶしと大きく異なる点は薬味でしょうか。
わさびとネギは普通ですが、これに大根おろし、柚子胡椒が付いています。
しかもお店が丁寧に「おいしい食べ方」を教示してくれてますので、それに沿って食べるといいでしょう。
その中でも柚子胡椒と大根おろしの組み合わせは絶品。
最後は出汁を掛けてすすります。
私がうなぎを食べる時は蒲焼きやせいろが主でしたが、こういうのもいいですね。
アッサリしつつもしっかりとうなぎの美味さが感じられ、薬味の組み合わせによって様々な香りも楽しめて良かったです。

日田を訪れた際、やはり一度は「日田やきそばと日田まぶし」は食すべきと考えます^^
それくらい好印象でした。


さて、腹一杯になるとあちこち歩き回るのが面倒になります。
かみさんのリクエストで洋菓子・和菓子をいくつか買ってぶらぶらしていると、なにやら静かな場所に出てきました。




小さな公園がありますが人の気配がありません。
静寂の中に水の流れる音と鳥のさえずりだけが聞こえます。
川の上にある東屋でしばらく休憩です。
子供は公園で遊んでいますが、他に子供の姿はありません。
地元の子供達ってこういうところでは遊ばないのかな?
ってか、今時どこの子供も公園なんかで遊ばないか・・・


しばらく休んでいると睡魔が襲ってきますので、それに襲われる前に移動します。

川沿いの遊歩道?を歩いて行くと最初に通った通りにぶつかります。
やはりこちらのほうが人が少ないですね。
城下町の名残であるシケインを抜けてバックストレートを駆け抜け・・・る前に右に折れ、何か面白いモノはないかとうろつきます。
しかし別に特産品を買いたいわけでもないし、豆田の雰囲気というものを味わいたかっただけなので中程でUターン。




空はすっかり晴れ渡り、日の当たる場所と日陰ではかなりの温度差です。
さすが日田。
夏場は「今日の最高気温」の上位に必ずその名がある日田ですが、まだまだその暑さは健在でした・・・



| 旅::小鹿田焼と日田 | 00:27 | comments (0) | trackback (0) |
天領日田・・・
小鹿田に別れを告げ、来た道を戻り日田の中心部へ。
昼飯をどこで食べるか迷ったのですが、宿の近くに有名な焼きそば屋があるみたいなのでとりあえず宿に向かいます。

この日泊まる宿は三隈川沿いにある「山陽館」という宿。
宿の従業員に了承を得て駐車し、そこから歩いて2,3分の場所に「みくま飯店」というお店がありました。
レトロな雰囲気の小さなお店ですが、なんと20人ほど並んで待っているじゃありませんか・・・
どうしようか・・・
しかし宿の従業員も「日田やきそばを食べるなら外せない店」と言っていたし、今から別の場所を探して移動するのも面倒くさいw
ドンヨリとした空もまだ雨をガマンしてくれていますので、このまま並んで待つことに決めます。

これだけの人数ですからかなりの待ち時間を覚悟していたのですが、意外と回転が速いようで40分ほどで入店できました。

中はカウンター席とテーブル席のあるどこにでもありそうなフツーのラーメン屋って感じです。
店主が汗だくになりながら鉄板で焼きそばを「焼いて」います。
この日田やきそばは茹でた麺の両面を鉄板で良く焼き、中はもっちり外はカリカリの絶妙な歯ごたえが特徴的。
席について注文を終えるとすぐに焼きそばとラーメンスープが出てきました。
こちらではどのお店でも焼きそばにスープが付いてくるみたいですね。

さぁ初めて食す日田やきそばとは・・・

先ほど書いた「中はもっちり、外はカリカリ」の麺、そしてシャキシャキのモヤシとぶつ切りの豚肉が絶妙にマッチしています。
麺は比較的しっかりと焼いているので歯ごたえが有り、最初はその違和感に戸惑いましたがすぐに慣れます。
食べ終える頃には「何これ、めっちゃ美味いんですけど・・・」と私もかみさんも大満足です。
ちなみにそんな私とかみさんの間で子供が食べていたのは「ラーメン」w
僕らにしてみれば焼きそばが有名ならもちろん焼きそばを食べるべきと考えますが、子供はそんなことお構いなしです。
ラーメン大好きっ子にしてみれば、いくら有名でおいしいと言われるもののお店であったとしてもそこにラーメンがあればそちらを選ぶ、まぁそういうことみたいですw

日田やきそばといえば「想夫恋」が元祖でこちら福岡にもいくつか店舗があるのですが、恥ずかしながら今まで一度も食べに行ったことがないんですよね。
ですから今後は地元でも時々食べに行こうと思います。


腹一杯になって店を出ると小雨が降っています。
早歩きで宿まで戻り、荷物をフロントに預けて一服していると「よろしいですよ」と早めにチェックインさせてくれました。
部屋の目の前は三隈川。
天気が良ければ散策とか気持ちよさそうなのですが、雨ですしちょいと歩き疲れたので夕飯まで一休み・・・

夕食は宿の所有する屋形船で三隈川の鵜飼いを見ながらというプランです。
相変わらず雨は降っていますが無事鵜飼いも見られたし、おいしい夕食をゆっくりと頂くことができて良かったです。
あとは温泉に浸かってゆっくりまったりタイム・・・


翌朝、天気は回復していて気持ちよい風がそよいでいます。
ホテルをチェックアウトしたあとは天領日田の古き良き面影の残る豆田を散策してみます。









| 旅::小鹿田焼と日田 | 21:33 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   01 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら