Danish made・・・
さて、アンプとスピーカースタンド、ケーブルの準備はOKなので残るはスピーカー本体です。
B&Wの607とDALIのMENUETで迷っていましたが、熟考を重ねてたどり着いた答えは・・・




DALIのMENUET です。
まずどの辺で迷っていたのかと言いますと・・・

・大きさ
・価格
・デザイン
・音質

など。

そんな条件の下、最終的に607とMENUETの2つに絞られたわけですが、ここでなぜMENUETを選んだのか・・・

デザインと音質、ですかね。
音質に関してはヨドバシ博多での試聴による判断になるのですが、607はメリハリがあって元気がよく、この点に関してはB&Wをメインで使っているので納得できます。
MENUETは607ほどキレキレではなく、粒立ちはしっかりとしながらも絶妙な柔らかさが心地いいです。
ここでマイナスポイントをあげるとしたら607はちょっと高音が刺さるかな?
リスニングポイントがある程度取れる状況ならまだいいんでしょうけど、静かな自室でのニアフィールドではどうだろうか?と気になりました。
あとボックスの仕上げが塩ビなのはいいとして、色がマットな黒か白だけというのがちょっと・・・w

MENUETに関しては外装は突板仕上げで言うことはありませんし、音も全体的にバランスがよくてニアフィールドにも向いていると思いました。
背面のバスレフポートも斜め下を向いており、背後が壁のデスクトップという限られたスペースを考えたらありがたい装備ですが、ここで大きな問題となるのはその価格・・・
左右ペアの価格が607は実売7万円を切っているのに対してMENUETは実売10万弱。
3万円の差は小さくはありませんよね。
ならば607に決まりかと言われると即決できない自分がいるわけでして・・・

では最終的にMENUETに決めた理由は何なのか・・・
それは唐突にやってきた「MENUET SE 発売」のお知らせでした。

SE(Special Edition)は前回30周年記念モデルがありましたが、見た目は現行MENUETとほとんど変わりません。
しかし今回のSEは見た目が今までにないハイグロス仕上げだったんですね・・・

ただ価格を見て愕然とします・・・

ペアで実売17万・・・

ムリだ・・・

けど欲しい・・・

土下座をして「おまえ以外に一目惚れしたのはこれだけだ」と、歯の浮くような文句で許しを請い、渋々OKをもらいます。
そしてかみさんの気持ちが変わらないうちにポチッと・・・

うーん、607と3万円の差であーだこーだ言っていたのがバカらしいw




突板は杢目が特徴的なワイルドウォールナットで、DALI曰く木の根元にできる瘤の部分(バール材)だそうです。
ウォールナットのバールといえばE90の内装パネルにオプションで設定されてたのを思い出しました。
一般的にバールと言えばもっと激しい杢目になるのですが、DALIのこれは五月蠅くない程度の杢目でいい感じです。
これにクリアを何層も重ねて磨いているわけですが、その仕上げは見事ですね。
DALIのトップモデルであるEPICONは塗装の厚さだけで2mmあるそうですが、見たところこれはそこまではやってなさそうです。
しかし丁寧に磨き上げられたボディは非常に美しく、もはや言うことはありません。
私はサランネットを付けない主義なので外してますが、サランネット取り付け用の穴がスピーカーユニットの固定ネジ部に紛れていてぱっと見分からないようになっています。
地味ですがよく考えて上手く処理していますよね。




作業担当者のイニシャルが記載されたシリアルプレートはノーマルモデルのステッカーとは違ってアルミ製のプレートになっています。
スピーカーターミナルはEPICONと同じ大型のタイプ。
内部配線は銀コート無酸素銅でネットワーク回路もチューニングが施され、ムンドルフ製のコンデンサを採用とのことですが、まぁこの辺は正直よく分かりませんw
最初はここにバナナプラグで刺そうと思ったのですが、背後のスペースが狭いので硬いケーブルを回すにはバナナよりもYラグの方がいいと判断しましたが、結果的に正解でした・・・




セッティングするとこんな感じです。
PCが足下右側にあるので、ケーブルを短くできるようアンプも右側に配置。
スピーカーは若干内側に向けてます。
DALIは内振りを推奨していませんが、その理由はドームとリボンの2つツイーターで構成されたモジュールが音の拡散性を高くしているからとのことです。
しかしMENUETはこのハイブリッドツイーターモジュールではありません。
じゃいろいろ自分で試してみるか・・・と、とりあえずほんのわずかに内に振って配置してみました。
振り幅をいろいろ変えてみたのですが、今のところ画像よりもちょい正面寄りに向けて落ち着いています。
これからいろいろ聴いているうちにベストなポジションを見つけようと思います。

肝心の音に関してですが、いい感じです^^
試聴したときよりも中高音が若干艶っぽくなったかなぁ?
聴いている環境が違いすぎますから気のせいかもしれませんが、いい意味で音の印象がわずかに違います。
ここ最近はクラシック(ピアノがメインですが)ばかり聴いていますので、今までとは明らかに違うキレと抜けの良さにニンマリです。
ただ、今の段階ではまだwindows標準の共有モードで音を出していますので音質はベストではありません。
ですから今後は何らかの再生ソフトを使ってASIOやWASAPIの排他モードも試してみたいと思いますので、これからしばらくその辺の勉強をしてみようと思います。

| 家電一般 | 23:15 | comments (9) | trackback (0) |
脚の選定とケーブル加工・・・
スピーカーはデスクに載せるため、一応脚となるインシュレーターやスタンドを考えなければなりません。
置いて載せるだけのインシュレーターや、円錐形のスパイクなどが考えられますが、スパイクはスピーカーの底にネジが切ってないとちょいと面倒ですし、インシュレーターもスピーカーをちょいと動かしたいときに位置調整が面倒くさいですw
ですから小さくて手頃なスタンドを探していたのですが、気になったスタンドを見つけたので試しに買ってみました・・・






ISO Acoustics というカナダのメーカーのスタンド(ISO-130)です。
主にモニタースピーカー向けの商品のようですが、付属のアタッチメントで微妙な角度をつけることもできるのでデスクトップスタンドとして使うのにちょうどいいかなと思って買ってみました。




ベースとパイプで構成されるスタンドですが、このパイプを嵌める部分がゴムというところに特徴があり、つまり無駄な振動はここで抑えてやるということです。
ゴムを貼ったインシュレーターと似たような効果を狙ってるわけでしょうか・・・
スパイクとボードなどでしっかりと固定した方がいいんじゃないか?って思っている私ですが、そもそもデスクトップで使用するわけですからデスク自体の振動やその下の空間との反響なども抑えなきゃ意味ないかなとも思うわけで・・・
まぁしかしサイズもちょうどいいしセッティングも楽だし、とりあえず使ってみるかとなったわけです。

次にスピーカーケーブルですが・・・
メインで使っているB&WのCM8 S2 に使っているZONOTONEが結構気に入ったので、今回もZONOTONEにしました。






モデルは6NSP-Granster 2200αです。
メインで使っているのは廃盤となっているMeisterシリーズの4芯タイプである6NSP-4400S Meisterです。
この2芯タイプの現行版が今回購入したケーブルとなります。
まぁ予想していたとはいえ2芯でも結構硬いケーブルなので、狭いデスクトップでの取り回しが気になるところです。

このケーブルにつなぐ端子は8mmのYラグとaudioquestのバナナプラグ。
いずれも圧着タイプを選びました。
Yラグはオーディオ用でも何でもないニチフの2Y-8。
これをばら売りしているところが周辺にはなかった(2Y-6までならあったのに・・・)ので、100個入りの箱を買ってきました。
価格は800円前後だったので1個あたり10円もしないという超破格値な訳ですが、ムダに100個もあるのでコストパフォーマンスに優れているとは言いにくいですねw

あと、このバナナプラグは一般販売はされていないのですが、とあるショップがメーカーに承諾を取った上で補修用部品を小売りしてくれています。
これらの端子を圧着するのは丸形端子に対応した圧着工具が必要ですが、幸いなことに過去に電気配線をいじる際にいろいろ買ってあったので・・・
ホーザンのオープンバレル端子用(P-706)、F型コネクター用(P-716)、そして裸圧着端子用(P-75)の3種類が手元にありますw
その中のP-75を使ってカシメてやれば一発です。




このケーブルは方向性があるのでスピーカー側がYラグでアンプ側がバナナ端子と間違わないように取り付けました。
メインのケーブルは切りっぱなしでしたが。今回は熱収縮チューブと絶縁カバーを使って若干見た目にも配慮しました。




さぁこれであとはこのスピーカーとアンプを繋ぐのみですが、これはまた後ほど・・・

| 家電一般 | 14:54 | comments (0) | trackback (0) |
盛大な無駄遣いとなるか・・・
ここ数日、若干大きめの荷物が複数届きました。
まずはこれ・・・




DENONのPMA-60(プリメインアンプ)です。
AVアンプのAVR-X4500Hで組んだシステムに満足できなかったわけではありません。
これはPCで使います。

なぜPCにアンプが必要か?

簡単に言えばPCのオーディオ環境を大きく変えるため・・・です。
ちょっと前に流行った?USB-DACを使ったPCオーディオを組んでみたいなぁって1年ほど前から考えていたのですが、PC作り替えに合わせて決行することにした次第です。
それだけなら安いUSB-DACだけ買っておけば今のシステムでもOKなんですが、スピーカーはアンプ内蔵のアクティブスピーカーではなく、ホームオーディオで一般的なパッシブスピーカーを使ってみたくなったのです・・・
まぁ今のスピーカーもそこそこいい音で鳴ってくれていますけど、やはりちょいと物足りないと感じるんですよね。




左のが今使っているFOSTEXのPM0.4cというアクティブスピーカーです。
右のはその前に使っていたスピーカーで、ローランドがかつて展開していたEDIROLブランドのMA-10Aです。
MA-10Aは大昔に中古で購入して使っていたのですが、晩年はボリュームは思いっきりガリッてましたし、ハムノイズもひどかったので3年前にPM0.4cに買い換えたわけです。
そのPM0.4cはモニタースピーカーらしくとても素直な音で好感が持てますが、やはりそのフラットな特性はちょっとおもしろくないな・・・と思うようになります。
ってな訳でパッシブスピーカーへの変更を模索していたわけですが、そのためにはまずはPCからの信号を増幅するアンプが別途必要になりますし、USB-DACも使ってみようということになりました。


最初は安価な中華アンプとUSB-DACを組み合わせて使おうと思っていました。
しかし長年「アンプ」と名のつくものにはDENONを選んできた私ですから、できればこれもDENONを選びたい。
そこで見つけたのがPMA-60というUSB-DAC内蔵のプリメインアンプでした。




大きさは30cm四方に収まるほどコンパクトで縦置きもできるのでデスクトップで使うにはいいですね。
最近PMA-150Hというネットワーク機能を持たせた上位モデルが出ましたが、そこまでの機能はいらないかな・・・と検討から外しました。
何よりその大きさとPMA-60の約2倍というその価格がそうさせたといっていいでしょうw

PMA-60で一つ気になるのはこのモデルは電源周りにトラブルを抱えていたということ。
今のロットは改善されていると聞きましたが、こればかりは使ってみなければ分かりません・・・
あと、USB-DACの性能をフルに発揮するには使い手にもある程度の能力が求められるということ。
まぁその辺は実際に使い始めてから書いてみようと思います。

肝心のスピーカーは早い段階で2つに絞ったのですが、購入直前まで悩みに悩みました。
機種はB&Wの607とDALIのMENUETなんですが、果たして選んだのはどちらか・・・

| 家電一般 | 20:31 | comments (0) | trackback (0) |
4か、4Sか・・・
久しぶりに車ネタです。
F30も快調ではあるのですが、特にいじる必要性も感じなくなってきてブログのネタとしては登場する機会は減ってきています。
今回も特にアップする必要はないのですが、ちょっと久しぶりなので書いておきますw

今回、F30のタイヤを交換しました。
2014年の2月から丸6年間履いてきたブリジストンのS001RFTとお別れです。
走行距離はまだ2.5万kmも走っていないのですが、フロントの外側が大きく摩耗してきたのと、前後ひび割れと硬化が多く見受けられます。
リアの溝はまだ余裕があるので使えないことはないのですが、今回は全取っ替えです。

交換するにあたって銘柄を何にするか迷いました。
まずは引き続き純正のS001RFTを使うか、それとも脱RFTするかで悩みました。
パンク時の安心感を取るならRFTですが、正直言うとそれほどパンクのリスクを考える必要はあるのか微妙です・・・
E90の時はその安心感を取ってRFTにしましたが、メリットよりもデメリットの方が大きいように思えます。

まず重たい。
高い。
乗り心地があまりよくない・・・など。

ブリジストンはRFT第三世代のS001になって乗り心地が大きく改善されましたが、重さと価格についてはいまだに大きなデメリットです。
ちなみに、ディーラーでフロントの純正タイヤを交換した場合の見積もりを出してもらったのですが、2本交換時で総額14万円という数字を見て愕然としましたw
サイズの大きなリアもディーラーで頼むとすごいことになりそうだなw

BMWをはじめとしたヨーロッパ車の多くで採用されているRFTですが、今回私は脱RFTすることにしました。

ノーマルタイヤにすると決めたら銘柄選びです。

ブリジストンのS007Aにも興味があったのですが、ブリジストンに関してはあまりいい印象がないんですよね・・・
いずれもRFTですがRE050とS001を履いた経験として耐久性に関してはあまりよくないな、ということです。
E46の時に履いたパイロットスポーツ3は3年半使いましたが、摩耗はあれどもひび割れや硬化などは見られませんでした。
しかしRE050とS001のRFTに関しては走行距離が少なくても3年ほどで大きく劣化する感じでした。
今回のF30でもS001RFTはフロントの摩耗と前後共通のひび割れや硬化などの劣化が顕著で、乗り心地にもはっきりと現れていました。
ですからブリジストンはメーカーの選択から外れ、パイロットスポーツ3が好印象だったミシュランにすることにしました。
銘柄はパイロットスポーツ4かパイロットスポーツ4Sのどちらか・・・

パイロットスポーツ4は3の後継モデルで、4Sはパイロットスーパースポーツの後継モデルです。
どちらも”4”を名乗っているのでトレッドパターンはほぼ同じですが、デザイン上の細かい部分や技術面、性能面では大きく違っています。
まず4をハイグレードタイヤとするならば4Sはウルトラハイグレードタイヤということになります。
4Sに関してはそのままサーキットでも走れるほどのタイヤだそうですが、街乗りに適していないというわけではありません。
乗り心地は若干ハードになるかと思われますが、転がり抵抗や耐摩耗性に関しては4と同じようなものだと考えて良さそうです。
この時点で私は「4Sは私にはオーバースペックだな・・・」と、4で決定かなと思っていました。

そこでタイヤの購入・交換をお願いする村上タイヤさんにメールで問い合わせてみました。
4と4Sで迷っているんですけど・・・と。

そこでいただいたアドバイスを元にタイヤを決定し、本日交換作業をお願いしてきました・・・





購入したのは4Sのほうで、ミシュラン本場のおふらんす製でざます。

4Sとは、トータルバランスに優れた4をワイドレンジでさらにハイレベルにしたようなタイヤだと私は解釈しました。
また一番気になっていた4と4Sの価格差が小さかったってのも4Sを選んだポイントでもありました。
ちなみに225/40ZR19、255/35ZR19での総額における価格差は約1.5万円でした。
これなら誤差の範囲・・・
できればBMW認証の★タイヤを選びたかったのですが、残念ながらメーカー在庫なしで入荷未定とのこと。
入荷時期というものはメーカーにもわからないそうで、待ちぼうけを食らう可能性も大なので★なしの通常タイヤを選択しました。

交換作業は約1時間。
いつものように丁寧な作業で好感が持てます。
何よりこのショップ、タイヤへの情熱というか愛情というか、そういうものがひしひしと伝わってくるんですよね。

ここでインプレですが、ショップからの出だしですぐにわかります。
軽く転がって静かだと・・・
まぁ新品タイヤですから当たり前でしょうけど、加速は明らかに軽く感じますし、凹凸を拾ったときの挙動も非常にマイルドです。
グリップ云々なんてことはもうちょっと走らないとわかりませんが、乗り心地に関しては間違いなくよくなっています。
また社長さんから聞いたのですが、それまで履いていたS001RFTと今回の4Sの重量差はリアで2kgだったそうです。
タイヤで2kgの差って大きくないですか?
それだけRFTが重たいってことなんですね・・・




今回脱RFTしたことでパンク時の応急装備が必要となりますが、この車にはテンパータイヤがありません。
ですからスライム状のパンク修理キットを事前に購入しておきました。
まぁおそらくこのキットの出番はなかろうかと思われますが、そんなことを言うヤツに限ってパンクしちゃったとか大いにあり得ますのであまり大きなことは言わないでおきますw

最後に村上タイヤの皆様。
いつも丁寧な作業ありがとうございます。
機会はそう多くはありませんが、交換の時期が来ましたらまたよろしくお願いいたします。

| 車::F30・いじり | 01:04 | comments (0) | trackback (0) |
台車・・・
新PCを組んで1ヶ月近く経ちましたが、まだ完全移行とはなっていない状況です。
というのも、旧PC内のHDDにある画像データを新PCに移すのに手間取っているから・・・
単にHDDをポンと移動させれば済む話ですが、今回はHDDも新調してそちらにコピーしようと思っています。
いわゆるクローンならそれほど手間はかからないのですが、旧PCで2台のHDDに入っているRAWファイルの一部を除いて1台のHDDにまとめようと思っていて、そのファイルの整理などもやっておきたかったので思いの外時間がかかっています。
日頃から整理しておけば後々面倒くさいことにはならないってのは、頭の中では分かっていてもなかなかできないんですよね・・・
普段の生活がいかに自堕落であるかよく分かりますw

さて、この新PCですが、ケースにDefine R6を使っています。
遮音シートが貼られておりズシリと重たいサイドパネルとデカいCPUクーラーのおかげで本体の重量はかなり重たくなっています。
これをあれこれ弄るのに動かすのが結構大変なので、これを載せる台車を作ることにしました。




幅240mm、長さ550mm、厚さ25mmの板です。
最初はホームセンターで適当な板を買って自分で切って作ろうと思ったのですが、塗装なども考えたら結構面倒なんですよねw
ですから板だけは某材木屋さんにネットで注文しました。
サイズカットと研磨&ウレタン塗装、これで2000円。
材木の種類にもよりますが、安価な米栂の集成材を選んだので思っていたよりずいぶんと安くできます。
これに送料が加わりますが、それでも自分で同じものを作ろうと思ったらこの値段ではできませんw
別に台車に使う板なんてそこまでこだわる必要はなかろうと思うかもしれませんが、2000円出せばこのクオリティの板が手に入ると思えば買わない手はありません。
塗装は部屋にあわせてダークブラウンを選択しましたが、デスクの色とバッチリ合っていて言うことなし。
これにキャスターを自分で取り付けていきます・・・




完成後の裏面がこちら。
裏は捨て塗りですので色が薄いですが、これはこれでいい感じですねw
キャスターはハンマーキャスター製のボールタイプでウレタンの径40mm。
フロント側はストッパー付なので、回転時のはみ出しを考慮して若干内側にずらして付けました。
このキャスターは径50mmのタイプをAVラックに使っているのですが、非常に軽くスムーズでフローリングにも優しく大変気に入っていたので同じものを使ってみました。
ついでに引き出し用に小さな取っ手も付けてみましたが、これは別に必要なかったかな・・・

無駄に高級感のある台車ですが、まぁこれくらいいいでしょう^^

| PC関連 | 22:23 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<   05 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら