MTB選び
私は毎日徒歩で通勤してます。
昼食は家で食べているので、1日2往復してます。
しかも家の横は坂なので帰りが辛いんです^^;
自転車なら少しは楽なんですがね~

こう書くと「頑張ってるじゃん!」なんて思う方もいるかもしれませんね。
しかし徒歩といっても5分程度なんで大した距離じゃありません^^;
でもこれとは関係なく以前からMTBが欲しいと思っていたので、この冬購入することになりました。

ということで車種選びですが・・・
MTBに詳しくないのでまずはどんなメーカーがあるのかを調べました。
メーカーだけでも数え切れないほどありますが、スペシャライズド、ルイガノ、トレック、ジャイアント、キャノンデールなどの名前は聞いたことがあり、スペシャライズドは自分の中での憧れであり、比較的手を出しやすい価格のモデルもあります。
ルイガノはオシャレで人気もありますね。
トレックはシンプルで華美ではなく、上手くまとまっているなという印象があります。
キャノンデールは私には高嶺の花と思っていましたので、特にチェックすることもありませんでした。
そして最終的にスペシャライズドのロックホッパーというモデルに決めていたのですが・・・



続き▽
| MTB | 18:06 | comments (0) | trackback (0) |
え!もう?
4日の日曜日にMTBを注文したことは先日書きました。
その時に・・・

ショップの兄ちゃん:「発注後3日もあれば来ますよ~」
おいら:「おお、じゃその時ついでにタイヤをスリックに替えておいて下さい」
ショップの兄ちゃん:「了解です、じゃ全て揃ったら連絡しますね」

という内容の会話をして帰宅しました。

 ところが今日、留守電に「○○(ショップ)です、お世話になっております、バイクが出来上がりましたのでお知らせします」と・・・
その時私は「え!もう?  出来上がりましたって、今日は火曜だぞ?  メーカーには月曜に発注をかけると言っていたので、いくらなんでも翌日は早すぎねぇか? まさか間違い電話じゃねぇだろうな~」と思ったのですが、遅れるならともかく早く届いたんだから感謝しましょう^^

いや~ホントうれしかったですよ、うれしかったんですけど・・・
早くても金曜日の夜までは取りに行けないんですよ~^^;

なぜかって?

それは ・・・

今週金曜のボーナスが入ってからじゃないと代金が支払えない!!からです^^;

正確には「支払えない」じゃなくて「支払いたくない」ですね。
かき集めればそれくらいは用意できるのですぐにでも払えることは払えるのですが、
僅かな貯金は切り崩したくないし、万が一のことも考えると数日間であろうとも今ムリするのは精神衛生上よろしくありません^^;
まぁ焦らず金曜まで待つとしましょう。


| MTB | 22:23 | comments (0) | trackback (0) |
ようこそ、キャノンデールF300
本日手に入りました~

速攻で仕事を終わらせ、タクシーを呼びつけてショップへGO!

ショップの近くでタクシーを止め「おぅ運ちゃん!釣りは取っときな!」と太っ腹な私(ただお釣りをもらう時間さえ惜しかっただけ^^;)は、超速歩きでショップへ向かったのでした。

中へはいると一目見てそれと分かるバイクが鎮座しております。
ショップの兄ちゃん:「バッチリ調整しておきましたよ^^」
おいら:「おお、ありがとうございます!」


前回は前金として少々払っていたので残金を支払います。

そして、操作の仕方や注意点など簡単にレクチャーして頂き、2006年モデルのカタログ(分厚い本国仕様も一緒に)ももらって帰ってきました。


感想ですが、まず「軽い」

そしてフレームはやはり
美しい^^;

アルミフレームでも若干重めと言われているF300の車重は12~13kg。
それでも今まで自転車といえばママチャリやなんちゃってMTBなどしか乗っていないので、十分過ぎるくらい軽いですね。
シートポストやハンドル、ステムなどをカーボンに替えればさらなる軽量化も期待できますが、機会があればいずれ・・・


帰路は15分程度でしたが、ダウンジャケットを着て行ったせいで汗だくです^^;
しかし、その汗も鬱陶しいものではなく、非常に清々しいもので気持ちよかったです。
そろそろ三十路も半ば、悲しいくらい衰えた体力と無惨な体型を少しでも改善させるべく、たまにはこういう運動も必要だと思ってます。


かくして私の通勤快速号は我が家へとやってきたのでした・・・

cannondale F300
全体図


ヘッド周り
ヘッド付近の溶接部。

ここ以外も全てのビードがきれいに処理されています。

ちなみにタイヤはノーマルのブロックタイヤからスペシャライズドのヘミファーというスリックに履き替えてます。
スリックは細目のタイヤが人気ですが、「MTBらしさ」も考えて太めをチョイスしました。




| MTB | 20:11 | comments (0) | trackback (0) |
フレーム保護
ブレーキ、シフトのケーブルがフレームと接触しているので、走行中にキズが付く可能性が大きいです。

装着前

何かいい方法はないかといろんなサイトを見てみると、ケーブルプロテクターなるものの存在を知りました。
これは柔らかいゴムのような素材で、アウターのフレームと接触する場所に被せて保護します。
一部のMTBには最初から付いていたりするのですが、F300にはそんな物付いていませんので早速ネットで購入しました。

購入したのはジャグワイヤーというメーカーの物で、4つ入りで700円くらいでした。
通常の物はただのチューブ状なので、ケーブルを外して端っこからキュッキュッと入れていかなければなりませんが、面倒なので上から被せられる切れ目の入ったタイプを選択しました。


ケーブルプロテクター

さて、作業開始です。
といっても、ものの数秒で作業は終わりましたが・・・^^;


こんな感じ


まだやらなければいけない作業があるのですが、こちらは後ほど・・・

| MTB | 18:59 | comments (0) | trackback (0) |
もう一つの作業・・・
MTBにはなるべくスタンドは付けないようにしたかったのですが、出先で駐輪するときに場所や方法が限られてきます。
MTBにキズが付きにくいようにと街路樹などに立てかけるのは木が可哀想ですし、だからといってそこら辺に横にして置くのもなんだか・・・
職場などの駐輪場ではスペースも狭いですし、やはりスタンドは必要かな?なんて感じ始めました。


じゃあ付けるとしたらどんなスタンドを付けるか・・・
一般的なチェーンステイ後方に付けるタイプはいかにも「付けました!」って感じでスタイルもよろしくありませんし、チェーンステイにキズが付くのは避けられません。
そこで、今はチェーンステイ前方(ボトムブラケット付近)に上下で挟み込んで固定するタイプが結構あります。
場所的にオートバイのサイドスタンドと同じ感じになります。


よっしゃ!これじゃ!

あとは各メーカーが出しているこのタイプのスタンドで絞り込んでいきます。
で、長さの調節が簡単に出来て固定部が比較的しっかりとしているもの、そして見た目は好みでキャプテンスタッグというメーカーのアルミ製スタンドを選びました。
色は目立たないようにと黒にしました。


スタンド

スタンドが届いたところで取り付けですが、フレーム側とスタンドの固定部のサイズが合うかどうか、ハッキリ言って行き当たりばったりの現物合わせです^^;
しかもフロントディレイラーのケーブルはボトムプルタイプ(ケーブルはダウンチューブからボトムブラケット下部を通ります)なので、さらにそのスペースは限られます。

ここに付けます

恐る恐るスタンドを仮組みしてみると・・・


バッチリ!!

これでなんとかいけそうです。
しかし、このまま締め込んで付けてしまうとフレームへのダメージは避けられません。
そこで厚さ2mmのゴムシートを買ってきて、スタンドの固定部に両面シール(もちろん強力な3M製です^^;)で貼り付けました。

さぁ付けましょうか!


ボルトは締め付けすぎないように、そして位置がずれないよう慎重に取り付けて完了です。



おお、結構しっかりしてるじゃん!
スタイル的に一番気にしていた「スタンドを上げた状態」の姿もまぁ悪くはありません。



タイヤとの干渉を気にしていたのですが、チェーンステイとほぼ同じ平行になっていて問題ありません。
ただ、スタンドを立てた状態で一つだけ問題点が・・・


ほ、ほぼ垂直じゃん・・・

ロッドの長さを最短にしてもまだ長いらしく傾きがかなり少ないので、何かの拍子で簡単に反対側へ倒れる危険性があります。

切るしかないのか・・・

金切り鋸でぶった切ってやろうかと思いましたが、ここは知り合いに頼んで機械できれいに切ってもらうことにします。

何はともあれ、一応スタンド装着は無事終わりました~



| MTB | 20:30 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   07 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら