雲出づる国へ・・・
先週の水曜日から日曜日までの5日間、去年から計画していた家族旅行に出かけてきました。
目的地は東京ディズニーリゾート。
子供が前から行きたいと言っていたので、暑くなく寒くもないこの時期に行くことにしました。
普通は現地での時間を多く取るべく飛行機で行くんでしょうが、向こうでただ遊ぶだけってのもちょっと寂しいんで移動に関しては私も楽しめるように旅程を組んでみました。

その初日の水曜日、雨がシトシトと降り続ける中をタクシーで博多駅に向かいます。
そして「さくら548号」に乗り込み、僅か40分ほどの新山口で下車。
ここからは在来線で東京まで向かいますw




12時53分発のスーパーおき4号。
キハ187の2両編成で、2両目の指定席に乗り込みます。
気動車特有のエンジン音を轟かせながら列車は山口線~山陰線を走行して鳥取へ向けて出発です。

普通車とはいえゆとりのあるシートは結構快適です。
これなら3時間ちょっとの長旅も苦にならないでしょう・・・

しかし、途中駅から乗り込んだおばさん集団がそれをぶち壊してくれます。
おばさん集団の前に座っている客がリクライニングで休んでいたのですが、それにもお構いなくシートを回してその客のシートに思いっきりぶつけますw

「あら、あの・・・ちょっと起こしてもらえます?」

おいおいw

その客のリクライニングなんかどうでもいいおばさん連中、しばらくすると弁当を食べながらおしゃべり。
話の内容を聞いているとどうやら福岡からやってきた集団らしく、同郷の人間として恥ずかしくなります。
楽しく話をするのは良いのですが、集団が大声でしゃべりまくって甲高い声で笑うのでキンキンと耳が痛くなります。
車内放送で「他のお客様のご迷惑となりますので・・・」とアナウンスされても何食わぬ顔w
しまいには車掌に「お茶を買いたいんだけど、どこかで長時間停車しないの?」と聞き、4分停車の益田駅で猛ダッシュ。
しかしなかなか戻ってこないので車掌が慌てて迎えに行くという、まぁ迷惑この上ない客でしたw

そんなおばさんたちは回転シートを戻すこともなく浜田駅で下車し、ようやく車内は静かになりました。
そして列車は出雲市駅に到着し、私たちはここで降りました。




向かいのホームにはここ出雲市から伯備線経由で岡山に向かう「やくも」が停車中。
この旅の計画を立てた当初は、岡山からこの「やくも」を利用してここ出雲市に来ようと思っていました。
というのも、この「やくも」の一部には先頭グリーン車がパノラマ車両(出雲市側)になっている編成があり、これに乗ってみたかったからです。
しかしそのあとの連絡を考えると、ちょうどいい時間帯に出雲市に着くその編成列車がなかったため諦めました。

というわけでやむなく利用した「スーパーおき」でしたが、予想に反してなかなか快適(騒々しい乗客はいましたが)な列車でした。
山陰本線に入ってからは結構な速度で飛ばしますし、線形の悪い山口線でも乗り心地は良かったですね。
「やくも」や「スーパーいなば」などの陰陽連絡特急は、山陰地方の高速道路が整備されてくると苦戦を強いられそうですが頑張ってもらいたいものです。




さて、ここ出雲市でも雨は降り続いています。
しかもだんだん強くなってきて、小さな折りたたみ傘ではちょいと厳しい・・・
この日の夕食をと近くのそば屋まで歩いて行こうと思っていたのですが、たまらずタクシーを利用します。

「ワンメーターで申し訳ないけど、羽根屋までお願いします」と告げるとあっという間に到着。
1000円札からの釣りはチップ代わりにともらわずにタクシーを降ります。




ここが羽根屋さん。
出雲そばの有名店で、週末は行列ができるほどのお店だとか。
この日は平日の夕方で、到着した時はちょうど夕方の営業開始直後だったためまだ空いていました。




私は五色割子そば、かみさんが天ぷら割子定食、そして子供が三段の割子そばを注文。
細い麺はそばの香りがしっかり出ていて美味しい^^
また出雲そばの特徴らしい甘めのそばつゆがまた美味い^^
そしてかみさんの食べていた天ぷらも美味い^^
ヘタなそば屋で食べる天ぷらはいい加減に揚げているものも多いですが、ここの天ぷらは上手に揚げていますね。

定食にはシジミ汁に炊き込みご飯も付いていて、天ぷら割子定食の割子を五枚にしてもらえたら言うこと無しだな。

気が付くとテーブル席は満席になっていました。
その後も続々とお客さんがやってきます。
開店直後にやってきて正解でしたね・・・

美味しいそばを腹一杯頂いて店をあとにします。
外は相変わらず雨が降り続いています。

「歩いて戻るか?」と聞くのもバカらしいほど降っています。

すぐにタクシーがつかまれば良いけど・・・

と、なんとやってきましたタクシーが。

とっさに手を上げて止めたタクシーに急いで乗り込みます。

「ワンメーターで申し訳ないけど、出雲市駅までお願いします」と告げると「ハイ」と運転手が一言。
なんか雰囲気が変だなと思ったいたら、なんとこのタクシーは行きに羽根屋まで乗せてくれたタクシーでした^^;

かみさんが先にそれに気づいてアハハと笑うと運転手もへへへと苦笑いw

そしてまたもあっという間に出雲市駅に到着し「お釣りはいいですよ」というと申し訳なさそうに「すんません」とw
いやね、タクシーの運転手も「これくらいの距離歩けよ」って思ったと思うんですよね。
私もそう思いますもん。
しかし子供を連れて雨の中を歩くのって結構辛いんですよねw
そんな状況で嫌な顔一つせず乗せてくれたタクシーには感謝です。


さて、時計は午後6時過ぎ。
駅の中でお土産を見てみますが、特に気になるものはなし。
次の列車までちょいと時間がありますので、中の喫茶店で休憩します。

次第に大きなスーツケースを転がすお客が多くなってきました。
若いカップルや子供連れの家族など、観光客がゾロゾロと駅の中が賑やかになってきました。
同じ列車に乗るのか、みんな同じホームに上がって行きます。

私たちもそろそろ行かねばと、彼らのあとを付いていくようにホームに向かうのでした・・・


| 旅::東京ディズニーリゾートの旅 | 14:15 | comments (0) | trackback (0) |
583系以来か・・・
午後7時前、出雲市駅のホームに上がるとまぁ懐かしい色の列車が止まっていました。



中国地方では経費削減のためか単色に塗り替えられた古い車両が多いのですが、このキハ47は気動車ではかつて一般的だった朱色一色でした。
なんかこの色を見るとホッとするのは私だけでしょうかw

さて、そろそろ乗車する列車がやってきますので、向かいのホームに移動します。
しばらくするとその列車がゆっくりと入線してきました・・・






サンライズ出雲。
今となっては東京駅発着で唯一の寝台列車です。
今回、このサンライズ出雲の乗るべくここ出雲市までわざわざやってきたわけです。
しかし別に出雲市から乗らなくてもサンライズ瀬戸と併結する岡山で乗れば遠回りせずにすむのですが、せっかくですから始発駅から乗りたいw
岡山だと午後10時半で乗車時間も少なくなりますしね。

かみさんと子供は去年、彼女の父親が危篤との報を受けて緊急的に乗ってるわけですが、当時は容体が心配で列車が何だとか考える余裕はなかったようです。
ですから今回、かみさんにも楽しんでもらえればいいなと思っています。
私も子供の頃に乗った583系「なは」以来の電車寝台ですからとても楽しみです^^






雨はいまだ降り続いています。
通勤通学客の少ない田舎の駅、高架化されたとはいえちょっと寂しい雰囲気がいかにも夜汽車で旅に出るって感じでたまりませんw




今回はシングルデラックスを向かい合わせで2部屋確保。
短い階段を上がったところにあるため、双方の部屋で行き来する場合は通路に出なくて済みます。
部屋の広さは十分確保されており、天井が低いとかベッドが狭いとかそんな不満はありません。
A個室らしく洗面台が設置されてるのはありがたいですし、専用シャワーのカードもアメニティグッズと共に車掌から手渡されます。
これから約12時間ちょっとの寝台列車の旅がスタートです。

出雲市駅を出発して山陰本線を東へ・・・
米子の先にある伯耆大山から伯備線で山中を抜け、高松からやってくるサンライズ瀬戸の待つ岡山まで向かいます。

山間部に入ると右に左にカーブが続きます。
新見に停車したあとは今回のダイヤ改正で停車駅に加わった備中高梁駅に止まります。
しかし閑散としたホームに人影は見当たりません・・・

米子から2時間半ほどでようやく山陽本線に合流し倉敷に停車。
とたんに線形のよくなった山陽本線を順調に飛ばして22時半に岡山に到着。






岡山では先に到着して待っていたサンライズ瀬戸と連結しますが、出雲の客は連結後にしかホームに降りられませんので連結作業の様子は見ることができません。
できれば先頭車両の顔がパカッと二つに割れて幌を繋げる場面とか見てみたかったですね・・・

ブルトレの機関車付け替えなどと違って作業に時間が余りかからないため、僅か4分で岡山を出発します。
岡山を出ると姫路、三宮、大阪と客扱いの停車をしていきますが、京阪神地区のこの辺はロングレールでジョイント音もほとんど聞こえません。
サーッと滑るように快調に飛ばしていきます。

京都駅を通過したあたりから眠気に襲われます。
翌朝はTDLで遊ぶわけですから、少しは寝ておかないとキツいw
米原での運転停車を終えたあと眠りについたのですが、目が覚めてみるともう静岡でした・・・

| 旅::東京ディズニーリゾートの旅 | 12:07 | comments (0) | trackback (0) |
初日はランド・・・
年度末でとても忙しかったのでなかなか続きをアップできませんでしたが、この先しばらく忙しくなりそうなので僅かな時間を見つけては書きためてアップしていきます。


さて、雨の中を夜通し走ってきたサンライズは7時過ぎに東京駅に到着しました。
この日は平日ですから、通勤通学のラッシュアワー真っ只中。
ホームやコンコースは大勢の人が早歩きで流れるように移動しています。

あまりにも人が多いので、ちょいと朝飯でも食べていこうかと東京エキッチンに向かいます・・・


が!


なんと・・・

ただの駅弁屋になってる・・・w

中央通路の真ん中にあり、喫煙可能なイートインがあるお店だった東京エキッチン。
弁当やサンドイッチ、コーヒーや各種ドリンクなどなんでも揃っていて、しかもこのご時世でも喫煙できるという愛煙家御用達だった東京エキッチン・・・

嗚呼・・・東京エキッチン・・・

今や東京駅構内で喫煙できる場所は新幹線ホームにある喫煙ルームのみとなっているようです。

そんな東京エキッチンが閉店してしまったことにショックを受けてしばし呆然とします。
ただここで親子3人突っ立っていても仕方ありませんので、舞浜駅に向かうべく京葉線のりばへ向かいます。

しかし地下にあるその京葉線のりばまでが遠いこと遠いこと・・・
クソ長い連絡通路を黙々と歩き、やっとの思いで乗車。

そして約15分ほどして舞浜駅に到着。
ウェルカムセンターが開くまでまだ時間があったので、近くのカフェで朝食を取ります。
幸いここは分煙のお店だったため、暖かいコーヒーをのみながら一服することができました。

しばらくして時計を見ると8時を回ったので、ウェルカムセンターに向かいます。
ここでホテルのチェックインとチケットの購入をし、荷物を預けていざディズニーランドへ・・・




雨こそ降ってはいませんがドンヨリとした空。
天気予報では午後から雨とのことなので、この日は午前中が勝負です。




中に入るとすでに大勢の客で一杯です。
ワールドバザールでの買い物は後回しにして、とにかく乗れるものを片っ端から回っていきます。




カリブの海賊は真っ先に行ける場所ですが、待ち時間が意外と短かったですね。
絶叫系のスペースマウンテンやスプラッシュマウンテン、ビッグサンダーマウンテンなどを先に乗っておこうと思う人が多いのかな?
うちの子は絶叫系が苦手なので、その辺のアトラクションは並ばなくて済みそうw

ちなみに私が前回ここに来た時は高校時代に友人達とでした。
卒業直前のクソ寒い日で、しかも平日だったためかガラガラでどのアトラクションも並ぶことなく乗れたんですよね。
スペースマウンテンなんかエスカレーターからのりばまで走って行けましたから、何度も繰り返し乗ったことを思い出します。








次にジャングルクルーズです。
ボートに乗ってぐるっと回ってくるだけですが、子供は楽しそう・・・










そしてウェスタンリバー鉄道。
子供はこういったまったりとした乗り物が大好きで、降りたら「また乗る」とうるさいうるさい・・・










こちらはイッツ・ア・スモールワールド。
ディズニーランドにおける代表的なアトラクションのひとつ。
どのアトラクションも長蛇の列なわけですが、ここもかなり並んでいました。
しかしここは待っている間も苦になりません。
というのも、15分おきに建物のからくり時計が動き出すので飽きないんですよね。

中はというと♪せーかいーはーせーまーいー♪と「小さな世界」が流れ、おびただしい数の人形が踊っているその中をボートで進むだけのアトラクション。
しかしなぜか癒やされます・・・
落ち着きます・・・
帰宅後、子供に「これが一番楽しかった」と言わしめるイッツ・ア・スモールワールド・・・恐るべし。

さぁ、次に私が楽しみにしていたホーンテッドマンションは何と「調整中」で入れないw
東京エキッチンといいここといい、なんという仕打ちをしてくれるんでしょうか・・・

気を取り直して先に進み、子供はその辺の遊園地にでもあるアトラクションで楽しそうに遊んでますw
時計はすでに12時を回っており、レストランやカフェはどこも大行列ですごいことになってます。
まぁ私たちはそんなことだろうと思って朝のうちにカフェでたらふく食べてきましたから^^

そんなとき空からポツンと・・・
予報通り雨が降ってきました。
パレードの通過する通りには大勢の人が座って待っています。
雨は次第に強くなり、慌ててポンチョやカッパを用意する人、目一杯のおしゃれを隠したくないのか人混みの中でも傘を差して歩く人・・・
傘がダメだとは言いませんが、人にぶつけて何も言わずに立ち去る人や、パレードを見ようと後ろに立っている人たちの前で傘を広げて平気な人。
もう少し周りに気を配りましょうよ・・・




パレードがやってきましたが、演じてる人もカッパを着てました^^
しばらくここで見てようかと思いましたが、雨脚の強くなる中ただ立って見ているのもちょっと・・・
まぁ明日もありますし、今日のところはいったんホテルに引き上げて一休みすることにしました。

| 旅::東京ディズニーリゾートの旅 | 23:30 | comments (0) | trackback (0) |
ランド2日目・・・
ディズニーランド初日はかなり疲れました。
サンライズで出雲市を出てほとんど寝ずにそのままここへ来て歩き回り、ちょいと仮眠してまた夜も・・・
そのため2日目は少しゆっくり朝食を取って昼前にランドに向かいました。
とりあえずワールドバザールで土産物をいろいろ見て、最終日に何を買うかをある程度決めておきます。




この日は曇り空でしたが雨の心配はなさそうです。
前方には通路に並んで座っている人が大勢いますが、お昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」を待つ人々でしょうか・・・

子供がそのパレードを見たいと言います。
今からだと2時間近く待たなければならないのですが、まだ今なら座れる場所も確保できるので待つことにしました。




ただ黙って座って待つってのはかなり辛いものがあります。
するとかみさんが「私がここで待ってるから子供を連れて遊んできたら?」と・・・
確かに、この時間を無駄にせず少しでも遊んだ方がいいですから、子供を連れて乗りたいものに乗せてやることにしました。




何で遊びたい?

そう聞くと「時計のあるところ・・・」とw
あぁ、イッツ・ア・スモールワールドか・・・
幸い待ち時間も30分程度と短めだったため並びました。

前にも書きましたが、これのどこが面白いんでしょうか?
確かに癒やされますが、長時間並んでボートに乗って人形を見るだけですからね・・・
私にはちょっと物足りませんw
私のような大人や男の子はやはり絶叫系のアトラクションが好みだと思うのですが、女の子はこういうのが好きなんでしょうね・・・
まぁ子供が喜べばそれでよし。

その後は前日ハマった射撃。
子供は金のバッジが欲しいからと私に「ネズミを撃ってね」と・・・
何度か挑戦して2個の金バッジを手に入れて大満足w

さて、そろそろパレードまで1時間を切りました。
かみさんのところに戻り、近くのショップでホットドッグやらポテトやらを買い込んで簡単に昼食。
そしてさらに待つとようやくパレードが始まったようです・・・












バズは転落防止のため紐で繋がれていますが、こう見ると捕らわれているみたいw








このパレードの出演者で一番大変なのはトランプの中の人ではないでしょうか?
一人で3人分ですからねw








ラプンツェル、アリス、そしてメリーポピンズと美女3人。






最後は巨大な乗り物が登場です。
今回は雨のことも考えて防滴レンズのDA16-50をメインで使っていましたが、一応12-24mmも持ってきてよかった・・・

念願のパレードも間近で見ることができたし、よかった^^
あとは少し遊んでからホテルに戻ります。
この日はホテル内のビュッフェで夕食を取り腹一杯に・・・

そのあとは部屋でゴロゴロw
日が落ちて真っ暗になった頃、前日は寒い中突っ立って見ていたショーをホテルの部屋から見てみます。




まぁシンデレラ城の裏側で距離もありますので雰囲気だけですが・・・








ベランダの手すりにカメラを乗せて撮ってみました。
これだけでもショック低減という意味では全然違いますね。
おかげで絞ってのスローシャッターもいけました。


さて、ショーが終わりこの日一日も終わろうとしています。
明日はいよいよ最終日、ディズニーリゾートの夜も最後ですのでみんなで夜更かしして楽しむことにしました。




| 旅::東京ディズニーリゾートの旅 | 19:43 | comments (0) | trackback (0) |
最後はシーに・・・
いよいよディズニーリゾート最終日です。
今回は3デーマジックパスポートを購入していたので、3日目の最終日はディズニーシーに行ってきました。






ここは私もかみさんも初めてなのですが、ランドとは趣が全然違いますね。
メルヘンチックなランドに比べてちょいとアダルトな雰囲気・・・
この日は天気も回復し、心地よい風に吹かれながらいろいろ回ってみました。








小さな船(ゴンドラ)に乗り、イタリア~ンなお兄さんの案内で運河を一周・・・
なにげに歌の上手いお兄さんでビックリw




イタリアンな町並みの中から今度はいきなりアメリカン。
20世紀初頭のニューヨークがモデルとか・・・




ホテルハイタワー。
ホテルと言っても架空の物。
フリーフォールタイプのアトラクションがありますが、子供が頑なに拒否したため乗れず・・・




岸壁にはSSコロンビア号。
こちらも作り物の船で実物ではありません。
中では亀と話をするというタートルトークというアトラクションがあります。
亀と会話?
なにそれ?
でも結構楽しいんですよ、これがw








ノスタルジックな高架鉄道。
せっかくだから乗ってみました・・・








あとはとにかく歩き回りました・・・
途中で蒸気船に乗ったり、子供の怖がらないアトラクションには時間の許す限り並んで乗りました・・・

で、クタクタになるわけですよw
この日はあまり遅くまでいられませんので、最後にひとつだけと決めて訪れたのが・・・






トリトンズキングダムという屋内の施設。
薄暗い奇妙な施設の中にはいくつかのアトラクションがあります。
またその薄暗さをいいことに疲れ果てた大人達が腰を下ろしてぐったりとしていますw


さぁ、そろそろいいでしょう。
このあとは世田谷にあるおばさんの家に向かわなければなりませんので、あまり遅くならないうちに退園することにしました。
子供もさすがに疲れた様子ですw

このあとはお土産を買って京葉線で舞浜から東京へ、そしてまたあの長い連絡通路を通って中央線に乗り換え、新宿から小田急で千歳船橋まで。
なんとか暗くなる前にはおばさんの家に到着。
その晩はたらふくご馳走になり、久しぶりに親子3人が川の字になって休みました・・・

翌朝、10時前にはおばさんに別れを告げて家を出ました。

そして・・・

本来ならば飛行機で帰るつもりだったんですが、子供は相変わらず飛行機を嫌がります。
以前のショックが相当大きかったようですw

ですから博多まで新幹線で帰って来ました。
まぁ今では5時間で着きますのでそれほど苦にはならなかったですね。
奮発してグリーン車を利用したので、とても静かで楽ちんでした^^


さて、これで今回の東京ディズニーリゾートの旅は終わりです。
さすがは日本一のテーマパークです。
広さもさることながら人の多さには圧倒されました。
ちなみに私はランドよりもシーのほうが好みでしたね。
できればもっと暖かい日に行ってみたいと思いました・・・



| 旅::東京ディズニーリゾートの旅 | 23:26 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   10 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら