安芸の国は宮島へ・・・
今週末はちょいと長めの休みを頂きましたので、家族三人で宮島へ行ってきました。
その模様をここで書き綴っていきたいと思っています。
そして今回から画像の解像度を若干大きく(今までより圧縮してはいますが)しましたので、また長く重くなるかもしれませんがご容赦下さい・・・


宮島といえば日本三景の一つ。
その日本三景といえば、学生時代に東北に住んでいた私は松島には何度も行ったことがあります。
天橋立にも幼少の頃行ったことがある(らしい)のですが、残念ながら記憶にございません^^;
で、残る宮島だけはまだ一度も行ったことがないので、かみさんに「宮島に行かない?」と聞いてみました。

かみさん:「宮島?」

日本三景の一つだと教えると・・・

かみさん:「松島は何度も行ったじゃん~」
おいら:「いや・・・あの・・・松島じゃなくて宮島なんだけど・・・」
かみさん:「知らない・・・」
おいら:「えええ?厳島神社とか知らない?」
かみさん:「ああ、聞いたことある!」
おいら:「・・・」
かみさん:「で、どこにあるの?」

・・・

ということで宮島への旅行が決まったのです。
で、11月末で廃止になる0系新幹線に乗って行きたいと思っていたのですが、宮島のあとに岩国で錦帯橋でも見て帰ろうと思っていまいしたので、ヨチヨチ歩きの子供を連れて回るにはやっぱり車が便利だということに・・・
残念ですが0系は機会を見つけて何とか乗りたいと思います。

さて、車で行くとなると朝早く家を出なければなりません。
幸いうちの子供は毎朝6時頃には起きて活動しておりますので、何とか7時過ぎには出発することが出来ました。

ルートは「九州自動車道」~「中国自動車道」~「山陽自動車道」で宮島口へ・・・



1時間ほどで九州とお別れです。
まだ朝靄の残る関門橋はお約束ですねw

このあと山口JCTで山陽自動車道に入り大野I.C.で降ります。
実はここから宮島口まではすぐなのですが、事前にネットで調べてみたところ「土日祝日や宮島競艇の開催日は混雑して駐車場まで大混雑します」なんて書いてあるじゃありませんか・・・
この日は金曜日とはいえ、宮島競艇の開催日となっており若干の不安を胸に宮島口を目指します。

そして宮島口に到着・・・
駐車場周辺の渋滞?
んなものありませんw
がっらがらっす。

それまで不安になっていたのがバカみたい・・・

まぁしかしよかった^^
とにかく大きな荷物はフェリーのりばのコインロッカーに入れて周辺を散策することにします。

時刻は10時を過ぎたところですが、この日は天気もよかったせいかかなり暑かったです。
ムリして半袖着てきてよかったw

近辺をブラブラしてみたのですが、特に珍しいものもなく「まぁこんなもんかな・・・」って感じ。
そうしているうちに腹が減ってきたので何か食べることに・・・



ここに来たら「あなご飯」でしょう^^
このあたりにはあちこちに「あなご飯」の看板があるのですが、どこが美味いかなんて分かりませんので定番中の定番のお店へ・・・



こちらが奮発いたしました「特上あなごめし」で1890円なりw
普通の「あなごめし(1470円)」との違いは、あなごが一列多いことだそうです・・・
あなご1列が400円ですか^^;

肝心の味ですが、一般的な「うな丼」みたいな甘辛くはなく、かなりあっさりとした味付けです。
元々「弁当」として販売されていたもので、冷えてもおいしく食べられるようにこの味付けとなったそうです。
しかし、このプリプリのあなごはアツアツのご飯で頂いてもかなりおいしかったですよ。

さぁ、腹もふくれたしそろそろフェリーに乗って宮島に渡りますか・・・



ここが宮島口のフェリーのりばです。
左ののりばが「宮島松大汽船」ののりばで、今回乗るのは右のJR宮島連絡船です。
双方とも15分おきに時刻をずらして運航しているため、ひっきりなしに船が出ていきます。



桟橋も宮島を意識したものですね~
そして神聖なる厳島へ向けて船は出ていきます・・・が!



すぐ隣は宮島競艇場www
なんか興ざめ・・・



心地良い海風に吹かれ、子供も大喜びでした^^
そして約10分ほどで宮島桟橋へと到着しますが、その前に船は大鳥居を右に見ながら大回りしてくれます。



これが厳島神社か・・・
遠目に見ただけでも圧倒されます・・・
鳥居と神社が海に上にあるんだもんな~



あっという間に桟橋に船が着き、客の流れに押し出されるように上陸。
宮島桟橋の建物もすごいですね・・・
下手な鉄道駅よりもはるかに立派な作りです^^;



松の木と灯籠の並んだ海岸沿いを旅館まで歩いて行ったのですが、道は鹿のフンだらけw
鹿がいることは知っていましたが、こんなにたくさんいるとは思わなかったなぁ。

そして荷物を旅館に預けて神社を見に参道を歩いていくと・・・



おおお~
本物だ~w

そしてその先にある厳島神社を参拝するためさらに歩いていきますが、このあとはまた明日・・・

| 旅::宮島・岩国の旅 | 23:58 | comments (0) | trackback (0) |
伊都伎嶋神社へ・・・
さぁ、いよいよ神社へ・・・

入り口で拝観料を払い、手水で手を清めてから中に入ります。
台風によって一部倒壊などの被害が相次ぎ、そのたびに修復されてきた厳島神社。
そのためか歴史ある建物でもかなり綺麗でした。



海の上の廻廊を歩くのはなんか不思議な気分ですw









五重塔をバックに本殿を正面から・・・




この橋だけ色褪せていますが、現在封鎖されて使用できません。
以前は開放されていたのですが、なんでも修学旅行などで訪れた子供たちが、その橋で滑って遊び回って傷だらけになるため封鎖されたとか・・・w
ちなみにこの画像でも分かりますが、若干潮が引いてきました。
入り口に本日の日の出日の入り、そして干満時刻がしっかりと書いてあり、この日の干潮時刻は17時半頃とのことでした。
干潮になると大鳥居まで歩いて行くことができますので、その頃また行ってみましょうかね。



急ぎ足で回って約30分、出口である反対側から見た五重塔。



そして近くの土産物屋で小休止・・・

さて、このあと宮島水族館に行ってみました・・・が。
規模も小さく特に驚くようなものもなく、私とかみさんは少々退屈でした。
しかし子供はなんてことない魚やペンギンなどを見て大はしゃぎ^^;
そんな子供を半ば強引に連れ出して水族館をあとにします。

今日は5時頃に起きて、高速道路を車で3時間走り、重い荷物を抱えてここ宮島までやってきた今、急に眠気が私を襲います。
とりあえずこのへんで宿に戻り、夕方まで一睡することにしますか・・・



宿まで戻る最中、神社の裏側から大鳥居をパチリ。
このあと気付いたのですが、ここから宿に戻るまでの画像はISO400になってましたw
水族館で子供を写したときのままだったんですね~



このサイズではあまり分かりませんが、五重塔もうっすらとノイズが乗ってます・・・
宿に戻ってそれに気付いたとき、翌日のリベンジを誓って眠りにつきました。

このあとはまた明日・・・

| 旅::宮島・岩国の旅 | 21:33 | comments (0) | trackback (0) |
そして空は黄昏れて・・・
時刻は17時。
ケータイのタイマーが私を眠りの底から引き上げます・・・
海に面した窓から外を見ると、ちょうどいい感じに日が傾いているじゃありませんか^^
身支度を調え、三脚とカメラを抱えて飛び出します・・・

干潮時刻をそろそろ迎える頃で、大鳥居はすでに大地の上にそびえ立っていました。



実際はもうちょっと明るかったのですが、雰囲気を出すためにちょいと露出を調整^^
潮が引いたとはいえ足下はかなり不安定なのですが、そんなの関係ねぇと一部の観光客はカメラ片手に鳥居を下から見上げていました。
足下を気にする人は岸辺から一生懸命フラッシュを光らせていますが、恐らくまともに写らないのでは・・・^^;



まだこの時間ではライトアップは始まっていませんでした。
その時間までここで待とうかと思ったのですが、夕食の時間が迫っていたので一度宿に戻りました。



宿に戻って窓際で一服しているとちょうどライトアップが始まります。
そしてこれは仲居さんが夕食の準備をしている間に部屋の窓を開けての一枚。

その後夕食を頂きましたが、味とボリューム共に大満足。
特に別料金であなごのお造りを頼んでいたのですが、あなごの刺身なんて初めて食べましたよ^^
食感はフグに似ていますかね・・・
味はフグほどあっさりしていませんが、なかなか美味でした。
実はそのお造りを1人前頼んでいたのですが、その時出てきたのは大皿にびっしりと並んだあなごの刺身・・・
かみさんが「1人前で頼んでいたよね?」と私にささやきます。
私もさすがにこれは多いだろ!と思いましたが、ここで「これ何人前?」なんて聞くのも野暮ですから2人前でも3人前でもこの際いいや^^
内心はチェックアウト時の明細が気になってたりして・・・www

ゆっくり約2時間ほどかけて夕食を食べたあと、子供を寝せる前に大鳥居の前まで皆で出かけました。
しかし腹一杯になった我が子はもう眠たいのか、私の手を引いて宿に戻ろうとしますw
仕方ないのでかみさんに子供を任せて私一人見て回りました。



岸からのライトで照らされているのですが、かなり強力なライトなのかかなり明るかったです。
この頃はもう潮が満ちてきて、時折参拝遊覧船が鳥居の真下までやってきます。
そして皆一斉にフラッシュをバシバシ浴びせるので、この船が去るまでずっと待つわけですw



こちらは厳島神社。
水面の反射をもっと考えて撮ればよかったと今になって後悔・・・



こちらは五重塔です。
この日は雲一つなく、月明かりがかなり眩しくつまらない画像に・・・w

さて、いつまでも私一人でブラブラするのも申し訳ありませんので、しばらく見て回ったあと宿に戻りました。
その後風呂に浸かって早めに就寝しました。

さぁ翌日は錦帯橋を見に岩国に寄って帰ります。
その模様はまた明日・・・

| 旅::宮島・岩国の旅 | 21:20 | comments (0) | trackback (0) |
安芸宮島から周防岩国へ・・・
zzz・・・

ん~

なにやら人の話し声が・・・

うっるさいな~

zzz・・・

はっ!

目を覚ますと子供とかみさんはすでに起きていました。
かみさんが窓を開けて外を眺めていたようで、外から観光客らしき人たちの賑やかな声が聞こえてきます。
この日は土曜日・・・
私も外を覗いてみると、昨日よりもはるかに人の数が多い^^;
あちこちでツアー客が列になって歩いています。
時計を見るとすでに9時前w
急いで朝食を食べ、11時のチェックアウトまで部屋でのんびりと過ごしました。
そしてその後は宮島をあとにし、車で岩国に寄って錦帯橋を見て帰る予定です。

チェックアウト後、荷物をフロントに預けたままあちこち撮りに出かけます。



これは町屋通りから見た五重塔・・・




ちょっと近づいてみました。




この日も快晴でいいお天気。
日差しも強く暑くなりそうです・・・

おっと忘れてた!
おみやげを買わねば・・・

宮島は広島県ですよね。
で、広島土産といえば・・・

そう、もみじ饅頭とか牡蠣とかお好み焼き・・・

ウーン・・・
他になんかないの?

と思って見て回ったのですが、見事にどの店も同じものばかりw
どうしたものか・・・

結局買ったのはもみじ饅頭だったわけでして・・・
もみじの形をしたなんの変哲もない饅頭を買うために1時間以上歩き回りましたw

そして気がつけばもうお昼。
私たち夫婦はいろんな店でもみじ饅頭を食べ歩いたので、子供にお昼を食べさせます。
そしてホテルに戻って宮島桟橋まで車で送ってもらい、フェリーに乗って島をあとにします。

宮島口に着いてすぐ駐車場へ向かって歩いていると・・・
この辺の駐車場はどこも満車で大渋滞!

金曜に来てよかった~

ここで時計を見ると14時過ぎ。
うーん、どうしよう・・・
今から岩国に寄って帰ったらかなり遅くなるぞ・・・
しかし錦帯橋は是非見ておきたい・・・

まぁ距離も遠くはありませんので、とりあえず行ってみることにしました。

ところが国道2号線が結構混んでまして・・・
錦帯橋に着いてみるともう16時前w
この時、かみさんと私の考えたことが珍しく一致しまして・・・

「もう一泊するかw」

泊まると決まれば宿探しです。
錦帯橋近辺に宿はそう多くありません。
とりあえず一番大きなホテルに駆け込みフロントへ・・・

「予約していないのですが、部屋は空いていますか?」と聞くと・・・

なにやら台帳のようなものをペラペラめくりながら「何とかご用意できますよ」と。

夕食も部屋食はムリでしたが用意できるとのこと。
よっしゃ、とりあえず寝床は確保した。
荷物を部屋に運んでもらい、とりあえずお茶でも・・・
部屋は8畳一間で錦帯橋も見えませんが、まぁ何より泊まれるだけありがたいです。

さて、夕食の時間まで錦帯橋を3人で渡って散策してきました^^
次第に日が傾いて薄暗くなってきたので、橋は夕食後にバルブ撮影することにしました。

で、夕食後に撮ってきたのが・・・



ライトアップされてはいますが、照らす範囲が狭くてちょっと残念・・・
反対側からも照らしていますので、そのライトを避けるために構図は限られます^^;
右上に見えているのは岩国城。
その左側にあるロープウェイで山を登って見に行くことができますが、恐らく行かないでしょうw
明日は早めに帰って少し休まないと、ね。

その後風呂に入ってバタンキュー・・・

そして翌朝同じような構図でちょいと引き気味で撮ってみました。



日中は温かかったのですが、朝晩は結構冷えます。
これを撮ったときも少し霞んでいてイマイチ抜けが悪い感じw
もっと早い時間ならいい雰囲気で撮れたのかな・・・
ちなみに、この画像ではロープウェイの発着場がよく分かりますね。
あそこから岩国城まで歩いてどれくらいだろう?
子供がもうちょっと大きくなったらまた来て行ってみましょう。

さぁ、この日は昼前に出発しました。
一旦岩国市内に出て、海岸線に沿った国道188号線を進路は西へ・・・
この国道、かなり気に入りました。
海を左手に、そして右は山陽本線が走り時折列車と併走します。
信号も少なくそこそこのペースで走れる快適な道でした。
その後、徳山付近で山陽道に乗り夕方帰宅。
お疲れ様でした・・・

今回は延べ600km強走りましたが、思いのほか疲労感はありませんでした。
以前、福島から福岡まで2日かけて乗って帰ってきたときも同感でしたが、この車のシートにはホント感心させられます。
ここ最近は鉄道の旅ばかりでしたが、長距離ドライブもいいもんだなぁと改めて感じました。
また今回は天気に恵まれたことと、かみさんと子供も楽しんでくれたことが何よりでした^^

さて、これで宮島・岩国の旅はおしまいです。
このあとカードの利用明細を見るのが非常に怖いですが、このへんで・・・w





さぁ、次はどこ行く?





| 旅::宮島・岩国の旅 | 21:48 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   10 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら