青いシャドウ・・・
先日書きましたが、母親が「人生最後」の車を購入しました。




F20 118d Msport Edition Shadow です。

F20といえばすでにモデル末期で、来年には新型が発表されるのではないかと思われています。
コードネームすら分からない次期1シリーズですが、ついにFFになるのではないかと噂されていますが、まぁこれは間違いないかと思います。
テスト中の車両を見るとFRではないな、これは・・・と。
今では唯一無二という存在感を示していたFRのハッチバックは次期型の登場で姿を消すことになり、F20が最後のFRハッチバックということになるわけです。

ではなぜ1~2年後には型落ちとなってしまうF20を買ったのか・・・

前回も書きましたが、母は高齢となりF30の大きさが苦になってきます。
そこで、ちょっと前からもう少し小さな車を・・・と買い換えを検討していたんですね。
国産車も含めてミニや1シリーズなど複数の候補を挙げていろいろ考えます。
その辺は書くと長くなるのでやめておきますが、最終的に1シリーズに決定をしたということです。

ここでこの車の紹介を・・・

118dという2L直列4気筒のターボディーゼルエンジンを搭載したMスポーツモデルです。
で、後ろにEdition Shadowと続いていますが、これは昨年発売された限定モデルの第二弾みたいなものです。

実は今年の6月に担当者から1シリーズのラインナップ再編でEdition ShadowがMスポーツグレードに変わってラインナップされる(120iのみ変更なし)ということを聞きます。
その昨年発売された限定のEdition ShadowはF,Rのライトがブラックラインになり、グリルとホイールもブラックでオプションだった多くの装備が標準となってブラウンのダコタ・レザーシートという結構豪華な仕様でした。
その仕様は大きく変えず、Hi-Fiスピーカーとレザーシートをカットした分価格を下げて売り出してきました。
しかし当面はアップグレードパッケージというオプションが必須ということで、それを含めると昨年のモデルと同価格という事になるんですよね。
そのアップグレードパッケージとは、ブラックのダコタ・レザーシート(ブルーステッチ)、電動シート、Hi-Fiスピーカーのセットということで、同仕様・同価格な上に昨年モデルにはなかった電動シートが新たに付いてきます。




ヘッドライトはブラックラインということで、前方下側にあるテクスチャ部がブラックアウトされているんですね。
まぁこれ単体で見せられても分からないかもしれませんが、ノーマルのヘッドライトと見比べたら一目瞭然で、かなり締まって見えます。
光源はフルLEDで今では当たり前の装備ですかね・・・




テールライトは何となく黒っぽいって感じw
こちらはヘッドライトと違ってウインカーなど一部に白熱球を使っています。
こういうところで手を抜いてくるのがBMWらしいといえばらしいのですが、どうせなら灯火類くらい全てLED載せたって良かろうにw

ちなみに先日、次期3シリーズのG20が発表されましたが、G20ではi8、7シリーズ(G11/12)、5シリーズ(G30)に続いてオプションでハイビームにレーザーライトが選べるようになりましたね。
かなり高価なオプションとなりそうですが、どんな感じなのか見てみたいですよね・・・




ホイールはEdition Shadow向けのブラック塗装がなされた719Mで、サイズは前7.5J、後8Jの18インチ。
タイヤは前225/40R18、後245/35R18というサイズで、相変わらずランフラットタイヤが装備(M140i以外)されます。
銘柄はブリジストンの POTENZA S001 でした。
ここで一つ残念だったのは、M140i以外のEdition ShadowではMスポーツブレーキ(ファストトラックパッケージ)が選べないということ。
全体的にかなりスポーティに仕上げてるんだから、Mスポーツブレーキもオプションで用意してくれれば良かったのに・・・
まぁノーマルのピンスライドキャリパーでも驚くほどよく効きますので、見た目の問題だけなんですけどねw




ラゲッジスペースは必要十分な広さを確保しています。
残念ながらスルーローディングシステムは今は用意されていませんので、リアシートは60:40の可倒式ということになります。
これが40:20:40のスルーローディングシステムだとリアシートにもドリンクホルダー内蔵のアームレストが付いてくるんで便利なんですけど・・・




この辺の風景は同世代のF30とよく似ていますよね。
スポーツATのM140i以外はノーマルATですからシフトレバーの形状がF30のMスポとは違いますし、シフトパドルもありません。
iDriveは第6世代のNBT-EVO2で最新のID6のようです。
ディスプレイはようやくタッチパネルとなりましたが、ベタベタ触って手垢や油で酷いことにならなければいいけどw
あとメーターは一見フル液晶のように見えますが、実は違うんですね。
仕組みは通常のメーターと同じなのですが、表面のカバーが濃いめのスモークになっているだけなんですね。
で、消灯時は一見真っ暗なのですが、電源が入ると強めのLED透過光でハッキリと見える、そんな仕組みだそうです。






シートはブラックのダコタレザーでブルーのステッチが入っています。
昨年のEdition Shadowではコニャックというブラウンのレザーだったのですが、これは好みが分かれる色でした。
ボディカラーが黒ならバッチリ似合いそうですけどね。
今回は万人受けするブラックなので個性を主張する色ではありませんが、ブルーのステッチがいい感じですね。
エストリルブルーの外装にピッタリではないでしょうか・・・
あと電動シートも前席2脚共に付いてきます。
第一弾のEdition Shadowではオプションでも選べませんでしたのでこの点で第二弾はちょいとお得w
運転席にはちゃんとメモリー機能もあるので、使い分ける際は非常に便利ですね。
E90の場合はドアミラーも連動してましたが、F20やF30も同じだよね・・・?

ちなみにエストリルブルーというボディカラーですが、正確には「エストリルブルー2」なんです。
というのも、過去にエストリルブルー(いわゆる初代)が存在しておりまして、ここ最近ではE46の限定車に採用されたのを覚えています。
あの頃のエストリルブルー(カラーコードは335)は現在のエストリルブルー2(コードはB45)よりも若干明るい感じでしたね。
ですからタッチアップペイントなどを買う際は間違わないように注意しましょうw
余談ですがBMWの一番人気の色と言ってもいいアルピンホワイトは実に3種類もあります。
アルピンホワイト(146)、アルピンホワイト2(218)、アルピンホワイト3(300)となっており、いずれも微妙に色が異なります。

以上、簡単にF20を紹介しました。
母も買う前はアルピンホワイトかエストリルブルーか散々迷ったそうです。
グリルやホイールが黒なのでアルピンホワイトに傾きかけていたのですが、エストリルブルーの美しい色が気に入ったのと2台続けて同じ色ってのもなんか・・・
ってことで、最終的に「青にする!」とこの色を選択したようです。

人生最後の車にBMW最後のFRハッチバックでしかも最終期のF20を選んだわけですが、この選択はアリではないかと私は思います。
確かに来年モデルチェンジでFF化されるとはいえ機能・装備の面で大きく向上してくるのは間違いないでしょう。
しかし価格もアップされるのは間違いないでしょうし、モデル初期の不安というのもあります。
そこでモデル末期の「熟成」された車を買うってのはいわば大正解とも言えるのではないでしょうか?

まぁ残りの人生そう長くはないと本人も言っていますが、安全運転で楽しく乗ってくれればそれでいいです・・・

| 車::F20・いろいろ | 22:37 | comments (0) | trackback (x) |
サヨウナラ・・・



2014年春に私が母から買って4年半大切に乗り続けてきたE90ですが、本日を以てお別れとなりました・・・


長年BMWのアイデンティティの一つとして存在してきた直列6気筒エンジン。
そのストレート6もNAは今や絶滅種となってしまいました。
スムーズで伸びのある加速は絶品で、抜けのいい排気音と共にドライバーの心をくすぐってくれました。
そんな325iでしたが、残念ながら手放すことに・・・


個体としては特に大きなトラブルもなく、どっしりとしたハンドリングと回せば回すほど伸びていくその加速感は通算10年を迎える個体でも健在でした。

ただDSC関連の爆弾を抱えている車はこれからいつ何があっても不思議ではないという不安があったのは事実です。

しかしこれだけが手放す理由ではありません・・・


二者択一のある選択を迫られ、考えに考えたあげく出した結論がこちら・・・





そう、つまりF30と入れ替えることにしました。
横にあるエストリルブルーのF20は「人生最後の車に」と母が購入した118d Edition Shadow です。
F30の大きさが老齢の母には手に負えなくなってきており、サイズもハッチバックで十分ということでF20に買い換えることになりました。
そうなるとF30はどうするか・・・
ディーラーで二束三文の下取りに出すか、私が譲り受けてE90と入れ替えるか・・・

まぁ悩んだ結果後者を選択し、本日その運びとなった次第です。

で、E90の嫁ぎ先ですが・・・
ディーラーの査定は期待なんて出来ません。
2008年モデルで10歳間近の個体ではちょっと・・・というD担当者の態度を見た瞬間に別の売り手を探しましたw
買い取り専門店などに持ち込む方法もありますが、いろいろと面倒ですよね・・・
ですから過去にお世話になった元Dマンの方(Mさん)に全てをお願いしました。
ディーラーを辞められて今は別の職種で働いていらっしゃいますが、今でも時々私や実家を訪ねてきてくれる方で、私もかみさんも信頼を置いているんですよね。
私とMさんは年齢も1歳違いで、お互い子供も女の子で同い年ということもあり、いろいろなことで共感できる面が多くあり、いつもついつい長話になってしまう・・・そんな方ですw

というわけでE90売却の件はMさんにお任せすることにしました。

当然買い取り金額は気になるわけですが、早い段階で私も納得できる金額を提示してくれましたので助かりました。
まぁ正直言えば買い取り専門店ならもうちょっと高値で・・・と思わなかったといえば嘘になります。
しかしここは人と人との繋がりってものもとても大事なわけで、これからも他の方面でお世話になることもあるでしょう。
ですからここは黙ってMさんに全てを託しました。
そして当日、Mさんの紹介で一緒にやってきた車屋さんにキーを渡して車のチェック。
何も問題がないことを確認して私はハンコを押すだけ・・・

これで取引終了です。

そしてお別れです・・・

かみさんと子供もこのE90にはとても愛着が湧いているようで、かなり残念がっていましたが仕方ありません。

これからはF30を相棒として新たなる駆けぬける歓びを味わいたいと思います。

ちなみにF20に関してはまた後日少しだけご紹介したいと思います・・・

| 車::F20・いろいろ | 21:16 | comments (0) | trackback (0) |
長崎鼻と池田湖・・・
西大山駅から車を南に走らせ薩摩半島の最南端に位置する長崎鼻に向かいます。
全国各地にある「長崎鼻」ですが、この指宿市にある長崎鼻がまぁ一般的ですかね。
中学校の修学旅行以来の訪問ですが、正直記憶には残っておりませんでした・・・




まず最初に目に付くのがこの竜宮神社。
全国各地にある「浦島太郎伝説」ですが、ここもそのようですw




さぁ、ここから歩いて行けるところまで行ってみようと思います・・・




西に目を向ければ開聞岳。
やはり雲が残念・・・



岬という場所は強風の吹き荒れているイメージですが、ここもそのようです。
対岸に見えるのは大隅半島。




火山岩の上を歩いて行くのはかなり大変です。
一応コンクリートで歩道が付けられているのですが、先の方に行くと波による浸食や風化で壊滅状態ですw
それでも子供とかみさんは大はしゃぎ。
あちこちの潮だまりに取り残された魚やカニなどで遊んでいますw






小一時間遊んでさぁ戻ろうというところで雨が降ってきました。
この日は台風が接近してきており時々雨の予報が出ていましたが、一気に空が真っ暗になり猛烈な雨・・・

近くの土産物屋に駆け込み大勢が雨宿り。
まるでスコールのような雨のあとは強い日差しが照りつけ、地面からもうもうと上がる蒸気でサウナにいるような蒸し暑さ。
見るものは見たし、土産物屋には悪いけど買う物も見当たらないので帰るとしますか・・・


さて、このあとあちこち回る予定はありません。
なんせ翌日は朝から仕事ですからなるべく早めに帰宅しないと、四十半ばを超える体にはちとキツいw
出来ればフェリーで大隅半島に渡って鹿屋の航空基地資料館なども見てみたかったのですが、これはまたの機会に・・・


ということで帰りは指宿スカイライン経由でそのまま九州道へ。
途中池田湖に立ち寄ってみましたが、なんか閑散としてますねw






イッシーを見つけることは出来ませんでしたw


あとはひたすら福岡の地を目指して走り続けます。
熊本からならあっという間って感覚ですが、鹿児島からとなるとやはり遠いw
これに加えて渋滞に巻き込まれたりしたら・・・
考えただけでも嫌になりますが、帰省・Uターンラッシュの時期とはズレていたのでとてもスムーズに走ることが出来たので良かった・・・



| 旅::宮崎・鹿児島2018 | 16:36 | comments (0) | trackback (0) |
開聞・・・
私の盆休み最終日。
指宿の宿をチェックアウトしてどこに行こうか・・・
一応昨晩あれこれ考えてはみたのですが、ありきたりなルートしか思いつかなかったのでそれで行きます。

指宿から国道226号線を西へ走り、とある駅に到着・・・




背丈ほどもあるヒマワリに埋もれるようにポツンと建つ小さな無人駅。

ここはJR九州の西大山駅という、全国で4つしか存在しないある特徴を持った駅です。
鉄道に興味のある人にはおなじみの駅ですが、知らない人は「なんでこんなに人がいるの?」と不思議がるでしょう。
小さな商店が駅前にあるのみで周りは見渡すばかり畑・・・
なぜこんな駅が有名なのかというと・・・






そう、日本最南端にあるJRの駅なんですね。
日本の最四端にある4つのJR駅のうちの一つです。

かつては「日本最南端の駅」だったのですが、沖縄のゆいレールが開業したため2004年より日本最南端の「JR駅」に改められました。
ただゆいレールはモノレールのため、一般的な線路を使用した鉄道としては今も最南端にある駅と言えます。

この駅には是非一度行きたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれませんでした。
なにせ田舎のローカル線でしかも無人駅ですから、上下線合わせて1日に15本しか停車しません。
しかも朝夕以外の日中は1,2本しか来ないため、旅行の合間に立ち寄るのは非常にリスクを伴いますw
行くならやっぱり列車で・・・と考えていた私はこれがネックとなって今まで行かなかったわけです。

しかし今回は車での移動ですし、その後自由にルートも考えられますので寄ってみたのです。




天気が良ければ開聞岳も綺麗に収められたのですが、あいにく雲の帽子を被っていて開聞岳の全体を拝むことは出来ませんでした。
しかしそれでも念願だったここ西大山駅に来ることが出来て良かった^^


さて、相変わらずの暑さであまり長時間外にいると頭がクラクラしますw
駅前の商店で涼みながら冷たい飲み物を買って次の目的地に向けて出発します。

| 旅::宮崎・鹿児島2018 | 21:11 | comments (0) | trackback (0) |
西郷どん効果か・・・
念願だった宿に別れを告げて目指すは鹿児島市街。
時間があれば国道223から国道10号線に出て錦江湾沿いをドライブするのもいいのですが、今回はそれほどゆっくりする時間はないだろうと思い鹿児島空港から九州道に乗って市街地に向かいます。

この日の目当ては・・・

・黒豚のとんかつを食すこと
・むじゃきの白くまを食すこと
・明石屋の軽羹をはじめとした郷土のお菓子を買うこと

以上、全て食べ物w

とんかつはいつも「あぢもり」で食べていましたが、今回は鹿児島中央駅前にある「とんかつ川久」というお店にしました。
お昼前に着いたのですが、店の前には誰も並んでない・・・

あれ?

かなりの人気店で大勢並ぶと聞いていたのですが、店の前には人っ子一人いません。
まさか休みか?と思い店の中を覗くとちゃんと営業中・・・
店員に聞けば「並んでお待ち下さい」と・・・
並んでって、どこに・・・と表を見ると、いましたいました、道を挟んで向かいに並んでいますw
しかもこの時間には日光が燦々と照りつけ、その日差しをさえぎる物もないのでみんな汗だくでじっと待っていますw

何かの罰ゲームでしょうか?

店の前は日陰になっているのになぜここに?

他の店の邪魔にならないようにという店の配慮ですか?
それだとしたらこの猛暑の炎天下に客を待たせる店の対応には問題があると言わざるをえません。
しかし客の一人が「なんでこっちに並んでるの?」ってブツブツ言っていましたので、どうも店側の指示じゃないよう様子。
まぁあれこれ言ってもどうしようもありませんので、黙って待ちますw

小一時間待ってようやく入店。
私と子供は上黒豚ロースカツ、かみさんは同ヒレカツの定食をオーダー。
店員からの「少しお時間がかかりますがよろしいですか?」の言葉にも「全然問題ありません!」と間髪を入れず、揚げ上がるのをじっと待ちます・・・

外で待ち 中でも待って ご対面

と、ここで画像をお見せしたかったのですが、なんと食事の画像は一切無し。
そもそもカメラを車に置いてきていましたし、目の前に出された後はテンション上がって食べることしか頭にありませんでした。
せめてスマホで撮っておけばよかったのですが・・・
気になる人はググって下さいw

肝心のお肉はレアで揚げられほんのりピンク色。
優に厚さ3cmはあるだろうそれはジューシーで絶品!
ソース、柚子味噌、醤油ベースの計3種類のタレで楽しむことが出来ますが、個人的には醤油だれが好みかな。
正直塩のみでも十分ですよね、これ。

とにかく柔らかくてジューシーなボリュームのあるとんかつは鹿児島に行ったら是非一度食べてみることをおすすめします。

さて、腹一杯になった後は天文館に向かいます。
路面電車で行こうと思ったのですが、とにかく人が多いんですよ・・・
前回来たときよりもはるかに多い。
だから路面電車もバスも人でいっぱいなんで、どうしよう・・・
しかも猛暑の昼下がりですから・・・

本音を言わせてもらえば、つまりは「歩きたくない」ってわけですw

ということで速攻でタクシーに飛び乗りましたw

5分ほどの距離ですが運転手さんも嫌な顔一つしません。
聞けば今年は人も多いし何より暑すぎて、短距離でもタクシーを使う客が多いとか・・・
人の多さはやはりNHKの大河ドラマ「西郷どん」効果だそうです。

そしてあっという間に天文館に到着。
丁度むじゃきの南側で降ろしてもらいお店へ・・・

人・人・人・・・
何かイベントでもやってるのか?と思うほどの人・・・
これ、みんな並んでるの?と思いきや、みんな手に何か持っています。
よく見るとこれ、ハンディサイズの白くまじゃないですか!
ソフトクリームのコーンの上端をお皿みたいに広げた容器に白くまが乗ってるじゃないですか。
お店で食べるレギュラーサイズよりも小さめなのですが、レギュラーサイズが大きすぎwなのでこの大きさで丁度いい。
よって、並ばずして白くまにありつけました^^

量は少なめとはいえ、その食感と味はそのまま。
口に入れたとたん溶けていくあのフワッとした氷はハンディサイズでも変わりはありませんでした。

これで十分やろ

また並ぶんだろうなぁって思っていたので良かった^^

体の中から冷やした後はまたまた速攻でタクシーを拾って駅まで戻ります。
そして駅の中でいろいろと買い物をするわけですが、明石屋のかるかんだけは外せません。
蒸気屋やその他いろんなお店がある中、やはり甘さ控えめでしっとりもっちりの明石屋が好み。
しかも餡の入ったかるかん饅頭じゃなく、餡の入っていない「かるかん」です。
そのかるかんも切って個別包装したものではなく、切っていない棹物がおすすめ。

そのかるかんをはじめいろんな物を買い込んで駐車場へ・・・

駐車場はあえて駅に直結したアミュプラザの東駐車場にしました。
他の駐車場よりも料金は高めですが、移動のことを考えたら少しでも駅に近いほうがいいかと・・・

しかしこの駐車場、落とし穴がありました・・・

この中央駅前は慢性的に渋滞しており、特に週末や休日はもの凄いことになるそうです。
実際この日も入庫は楽でしたが出庫が地獄でした。
数十分かけて1Fに降りてきたと思えば出口から駅前の大通りまで数十分、そしてその通りを抜けて国道225号線に出るまで数十分・・・
1時間半近くかけてようやく流れに乗って走ることが出来ました。
タクシーの運転手も「鹿児島中央駅東口に集中してしまう構造がこの大渋滞を引き起こしているんですよ」と頭をかいていました。

やっとの思いで渋滞を抜け、次に向かうのは指宿。
薩摩半島の稜線部にある指宿スカイラインでいくか、海岸に沿って国道226号線で行くか悩んだのですが、天気もいいしと国道226号線を選択。

しかしこれは裏目に出たか・・・

途中まではいいんですよ、片側2車線でスムーズに流れています。
しかしその先から1車線になるととたんに流れが止まります。
ノロノロ運転で何時間経ったでしょうか?
指宿市内のある程度開けた場所になってようやく車がばらけ、やっと宿に到着。
気がつけばもう17時を回っています。
こんなことならちょっと遠回りでもスカイラインで来たほうが良かったかもしれません・・・




この日の宿は「吟松」というホテル。
ここ指宿も何となく雲仙と同じ臭いがします。
所々に廃業したホテルがあったり、ちょっとひなびた感じが似ていますね。
まぁでも指宿は他にはあまりないものもありますので、一度は行っておきたかったんですよね。

それが砂むし温泉。

この宿からすぐのところに「砂むし会館 砂楽」という大きな砂むし温泉の施設があるので18時頃行ってきました。

すっぱになって浴衣を着、サンダルを履いて海岸に降り、頭にタオルを巻いて砂の上に寝て砂をかけてもらいます。
地熱で温められた砂が体全体を蒸し上げていきます・・・
砂に覆われた体はドクンドクンという脈を強く感じるようになり、5分もするとかなり熱くなってきますがガマン・・・
だいたい15分から20分くらいでしょうか、ガマンならんと砂から這い出ます。
その後施設内の風呂やシャワーで砂を洗い流し、浴衣を回収ボックスに入れて着替えて終了~

上がった後はとにかく気持ちいい。
熱々の温泉から上がった後とはまた違う気持ちよさです。
また夕方に行って良かった。
日中は恐らく地獄のような熱さだったと思いますw

さぁ宿に戻り部屋の露天風呂にも入って夕食。
その後は毎度のごとく部屋でまったりタイムw

そして翌日の道程を考えながら床につきました・・・

| 旅::宮崎・鹿児島2018 | 01:03 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   10 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら