水素自動車
ちょいと前に発表されたのですが、BMWが2年以内に水素エンジン搭載車の開発を終え、連続生産を開始してドイツにて市販車を発売する意向を表明しました。

BMWが水素自動車の開発に着手したのは1978年のこと。
当時の5シリーズをベースに液化水素とガソリンのバイフューエルエンジンを搭載しました。
その後テストを重ね、2000年には第5世代となるE38(先代7シリーズ)をベースとした750hLを量産を念頭に置いたシリーズ生産車として発表しています。
その750hLは世界各地を巡るワールドツアーを行っており(2001年には東京にもやってきました)、現在テスト中の750hLは10万km以上ノントラブルだそうです。


水素エンジンは液化水素を燃料とし、排出されるのは水蒸気のみというまさに夢のようなエンジンです。
水素タンクの小型化が大きな課題の一つであり、また今の段階では燃料ステーションが少ないため、水素タンクが空になったときのためガソリンも補助燃料としたバイフューエル方式としていますね。
また、燃料電池の開発にも力を入れてきましたが、エンジンとしては水素エンジンのほうがメリットが大きいと考え、燃料電池(水素で発電)はエアコンやオーディオをはじめとする各電装部品の電源として採用するようです。


今後の課題は何と言ってもインフラの整備です。

まずはヨーロッパ全域で水素ステーションの整備を進め、2020年までには日本をはじめとする世界各国で水素エンジン搭載車を販売。
そのために、燃料となる水素を再生エネルギーによる大規模製造。
また、多くの車種で搭載可能になるようタンクを小型化する。


などなど、課題は数え切れないほどたくさんあります。
このままでは化石燃料はいずれ尽き果ててしまいますので、水素や燃料電池などの開発に期待しましょう。




・・・参考・・・

〈750hL〉とは・・・
水素、ガソリン両用V型12気筒5.4Lエンジン
最高出力は204ps
最高速度224km/h
燃料タンクは水素が140Lでガソリンが95L
航続距離は350km(水素) とのことです。


| 車::その他 | 22:24 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/33
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら