PENTAX K100D
今日「ペンタックスのデジタル一眼レフカメラの新モデルが7月下旬に発売される」という発表がありました。
その名もK100Dで、それまでのデジ一「*ist」シリーズとは別のシリーズとして発売されるようです。
スペックは610万画素CCD、倍率0.85倍で視野率が96%のペンタミラー式ファインダー、2.5型液晶モニタなど、現行*istDLと同様のスペックです。


え?それがニューモデルなの?

以上のスペックをみればそう思うかもしれませんが、K100Dにはそれまでにはない大きな機能を備えています。

その機能とは「SR(Shake Reduction)」
そうです、ボディに手ブレ補正機能がついているんですね。
CCDを動かす仕組みなんですが、磁力によって動かされるため摩擦が少なく追従性もよいそうです。
その補正効果は2段分程度だそうですが、2段って結構大きいですよね~
さらにそのSRはレンズ情報をカメラに送れないレンズ、たとえば古~いM42マウントのレンズでも使えるそうです。
その時は予めカメラの設定で焦点距離を選択しておくという作業が必要ですが、星の数ほどあるレンズでSRの恩恵に授かれるというのは良心的だと思います。
SRなんていらないって人にはK110DというSR非搭載モデルも発売されるようですよ。


気になる価格ですが、ヨドバシではすでに予約を受け付けており、ボディのみだと7.5万円ほど、レンズキットで9万円程度(いずれもポイント10%)でした。
手ブレ補正機能を内蔵したデジタル一眼レフカメラのボディが実売7万円程度で買えるわけで、正直驚いています。


機種名がK100Dということで、なんか違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、「K」といえばペンタックスのマウントである「Kマウント」です。
そしてカメラもK2、KX、KM、K1000などのKシリーズがありましたね。
また、何を隠そう*istDのモデルともなったデジタル一眼レフカメラの試作機の名は「K-1」でした。
ちなみに、由来は「King of SLR」の「K」だそうです。


さてさて、私が待っているのはK100Dなんかではないんです。
今年の冬にでも発売かと噂される1000万画素機である*istDの後継機を待っているんです。
こちらも当然SRは搭載してくるでしょうし、各機能もアップしているはずです。

ということで*istD後継機の発売が待ち遠しいです^^;


| カメラ | 21:05 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/49
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら