イルカはいるか・・・
朝、目を覚ますとドンヨリとした空模様・・・
分厚い雲の合間から青空も覗いているので、それほど心配はいらないでしょう。

さて、この日はさらに南下してイルカを見に天草まで行きますのであまりゆっくりはしていられません。
早めに朝食をとり、10時前にはチェックアウトして出発です。

まずはグリーンランドから南関インターまで戻り、そこから九州道の松橋インターを目指します。
日曜日のこの日はグリーンランドで大きなイベントがあるためか、南関インターまでの対向車線はかなり交通量が多め。
一方こちらはスイスイとスムーズ^^

南関インターで高速に乗った頃には空も晴れ間が広がり天気は心配なさそう。
ただ、電光掲示板に「植木~熊本 雨 速度規制」の文字が・・・

ところが植木から先も雨の気配がありません。
確かに空は雲が多くなってきましたが、路面を見ても今まで降ったような感じがない・・・
大丈夫っぽいね、と思った矢先、突然周りがガスって来ました。
そして熊本インター付近でとうとう土砂降りの雨が・・・
50km/h規制でしたが、それでも危ないと思えるほどの降りっぷりで、周りは真っ白。

しかしその雨も長くは続かず、気がつけば空は青空で強い日差しが照りつけています。
松橋で降りる前にPAでちょいと休憩。
フロントガラスに付いた虫やボディの汚れは綺麗さっぱり流されてボディはピカピカにw
この旅に出るまで雨模様で洗車すらしてなかったので、この雨に感謝^^

さて、松橋インターで高速を降り天草を目指します。
三角まではスムーズに来たのですが、天草五橋の一号橋を渡るところで大渋滞・・・
この橋の隣に自動車専用道の整備で新たに橋を架ける工事がされているのですがその影響ではないはず。
ということは、この先しばらく渋滞が続くということか・・・

イルカウォッチングの船は13時出航ですが、12時40分までには集合とのことでちょいと焦りが出てきます。
時計の針が12時を指す頃、大矢野でさらにノロノロ状態に陥ります。
しかしなんとか集合時刻前に目的地に到着。




この日利用したのはシークルーズ。
イルカウォッチングの出来る船は天草市北部の五和町を中心として出ているのですが、ここシークルーズは天草のほんの入り口にある松島というところにあります。
ですからイルカの生息地まで40分ほどクルージングです。




ここの船はあの水戸岡鋭冶氏がデザインしており、さらに今回は一番大きな船でした。
まぁこの船でここを選んだってのもありますが、グリーンランドから天草までの距離を考えたら五和町まで行く間に疲れてしまいそうでw
ですからなるべく早めにイルカを見て、その後速攻で宿に向かって休もうということです。






さぁ13時ちょうどに出航。
外はかなり暑いのですが、船の中は風がとても心地よくて快適です。
室内にはエアコンもあるのですが、エアコンがなくても十分です。






ここから約40分ほどクルージングですが、ガイドさんの話や外の景色で退屈することはありません。
そしていよいよイルカの生息地域に到着です・・・






おお!
いるじゃん。

子供は大はしゃぎで船の2階からイルカを見下ろしています。










しかしイルカを撮るってのも結構難しいもんですね。
偏光グラスをしていたので水中のイルカは見えるのですが、上がってくるタイミングがまちまちです。
群れ全体が一気に出てくるわけじゃないですからね・・・
まぁこういうのはスチルカメラよりもビデオカメラのほうが向いているかもしれません。




初めてのイルカウォッチングでしたがとても楽しめました。
嫁はもちろん子供は特に大喜びで、かなり興奮気味w

このあと船は松島に戻り、私たちはさらに西へ車を走らせこの日の宿に向かうことにしました。


| 旅::天草イルカウォッチング | 23:54 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/464
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら