高知といえば・・・
四万十川での遊覧を満喫したあとにどこに行くか・・・
これを出発前からずっと考えていたんですが、結局宇和島に着くまで決まりませんでした。
時間的余裕があればそのまま南下して足摺岬に行きたかったのですが、あそこに寄ってしまうと宿のある高知市中心部に付く頃には日没を迎えてしまいそうです。
出来れば宿には早めに着いて、夕食までちょいとゆっくりしたいですからね・・・

となると、どうすれば・・・

結局、四万十の碧を出てすぐに高知市内に向かうことにしました。
しかしそのまま宿に向かうのももったいないってわけで、あるところに立ち寄りました。




そう、高知といえば桂浜。
天気も回復してきて、観光客もかなり多め。
日差しが強く、アイスやかき氷が飛ぶように売れているようです^^








初めてここを訪れたのですが、もっと広い(長い)砂浜を想像してました。
ここは潮流が速いので遊泳禁止とのことで、数名の監視員が汗だくになって目を光らせていました。
日よけのパラソルを太陽の動きに合わせて少しづつ移動させながらずっと海岸に向かって座っていました・・・




午後のこの時間帯はモロに逆光w
記念撮影している観光客も苦労していたようで、何度も何度も撮り直していました^^


さぁ、そろそろ宿に向かうことにします。
この日の宿は高知城の近くにある「城西館」です。
なんと今年で創業140周年という老舗です。
慣れない路面電車との併用軌道に気をつけながら走行します。
宿の入り口では女将さんが笑顔で出迎えてくれました。
部屋に入ると従業員にその場でお茶を入れて頂き、その他とても丁寧な対応はさすが老舗旅館だなと感じさせます。

しばらく部屋でゆっくりして風呂に入ったあとは夕食ですが、久しぶりの部屋食でした。
料理はかなりのボリュームで、高知ならではの「カツオのたたき」もちゃんと出てきました^^
このたたきは旅館内でわら焼きしたものを出してくれるそうで、その香ばしい肉厚のカツオはとても美味しかったです。

夕食が終わるとしばらくして布団が敷かれました。
布団の上で寝るのって久しぶりw

その後は各々自由気ままに過ごします。
私は翌日の予定をチェックしていましたが、ちょいと気にあることがあって寄り道することになりそうなのでスムーズに進むか不安です。

その後、子供とかみさんの寝息に誘われて私も床につきました・・・




| 旅::四国巡り | 21:38 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/473
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
<<   02 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら