四万十川・・・
宇和島のホテルを10時ピッタリにチェックアウトし、国道320~国道381と走り国道441に入ります。
ここからは四万十川沿いを走るのですが、時々センターラインがなくなり離合しづらい箇所が増えてきます。
しかし交通量は少ないのでそこそこのペースで進んでいきます・・・

そして宇和島から約1時間、この日第一の目的地に到着です。




四万十の碧(あお)という、屋形船を運航しているところです。
1時間ごとに定期便が出ており、ここでちょいと四万十川の遊覧なんていいんじゃない?ってことになりました。
子供はまた船に乗れるということで大喜び^^
車を止めてチケットを買い、船乗り場まで降りていきます・・・




足下が非常に悪く、周辺もかなり荒れています・・・
どうやら先月の台風で四万十川が増水し、かなりのダメージを受けたみたいです。




今回乗る屋形船はこれ。
この船に乗って約1時間、佐田の沈下橋まで往復してきます。




風もなく穏やかな水面をゆっくりと滑るように下っていきます。
船が出てしばらくするとひとつ目の沈下橋である三里沈下橋が見えてきました。




それをくぐって船はさらに下流へと・・・






天気が良ければ言うことなかったのですが、それでもこの雄大な四万十の流れはとても心地よいものです。
画像では分かりませんが、水は透き通り泳ぐ小魚までハッキリと見て取れます。
しかし船頭さんの話では「まだだいぶ濁っています」とのこと・・・w




そしてさらに下っていくと2つめの沈下橋である佐田沈下橋が見えてきました。
ここまでの2つの橋はいずれもドラマのロケで使用されたとかで、まぁ今では立派な観光地というわけです。
ちなみにこの四万十川の本流にはダムがないことから、台風や豪雨の際にはかなり増水します。
頻繁に増水すると架けられた橋の損害は大きなものになりますから、その被害を少しでも抑えようということで欄干もないこのような形状の橋が多用されているわけです。
そして仮に流されたとしても復旧しやすいというのも沈下橋の特徴ですね。


さて、この佐田沈下橋のところで船はUターン。
帰りもゆっくりと静かに上っていきます・・・

天気は残念ながら曇天でしたが、日差しが強くないのでとても快適。
穏やかな水面の上を涼しい風が通り抜け、とても心地よい遊覧でした。
福岡の街中ではほとんど聞くことの出来なくなったミンミンゼミも盛大に鳴いており、周りは人家すら見えず大自然を満喫することが出来ました。
出来ればもっと乗っていたいというのは家族3人同じ思いでしたが、旅の途中ですので次の目的地に向けて出発です・・・

| 旅::四国巡り | 22:58 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/472
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら