20年ぶり、か・・・
テッパクこと鉄道博物館をあとにして叔母さんの家へ向かいます。
叔母さんの家は小田急線の千歳船橋駅から徒歩5分ほど。
とりあえずここ大宮から新宿まで行きましょうか・・・

ああああ!

荷物は東京駅だ・・・

くっそ~・・・

大宮からまた京浜東北線で40分ほどかけて東京まで行かなくてはいけないのか・・・
そして中央線に乗り換えて新宿へ・・・
新宿に荷物を預けておけばよかった・・・
そしたら湘南新宿ラインですぐだったのにw

でも当初は東京駅まで戻ってきてあちこち見て回る予定だったんですよね。
鉄道博物館に長居しすぎましたw

ということでまた50分ほどかけて東京駅まで戻りました。
荷物を出して中央線に乗り換えます、が・・・

え?

中央線って、ホームが変わったんだ・・・
既存の在来線ホームのさらに上に新しくホームができています。
これはあとで調べたところ、東京駅は長野新幹線のホームを増設する際に在来線の9,10,11番線をつぶして利用したそうです。
で、中央線の1,2番線を新たに上に作り、かつての1,2番線を3,4番・・・とそれぞれずらしたとのこと。
だから今の10番線はかつての8番線だったんですね・・・

中央線で新宿まで行き、ここで小田急線に乗り換えます。

20年ぶりに乗る小田急線は、車両こそ新しくなってますがなんか懐かしい雰囲気^^
地下から大きく右にカーブしながら地上に上がっていき南新宿駅・・・
あのときと変わってないな~
なんて思ったのも束の間・・・

世田谷代田駅を出るとそこから高架になってました。

しかも複々線。

これもあとで調べたのですが、小田急の複々線化事業(東北沢~和泉多摩川)によって、現在世田谷代田~和泉多摩川まで複々線化は完成しています。
そして東北沢~世田谷代田間は4線地下式(複線を2層)にするための工事が続いています。

小田急線のラッシュ時は全国有数の超過密ダイヤ。
これを解消すべく計画されたのが「複々線化事業」とのことです。

確かに、各駅停車は急行などの連絡や通過待ちで長時間停車しなくてもいいし、その急行電車なども先行する各駅停車に影響されることもありません。
複々線になれば急行、準急などはそれぞれ独自のペースで走行できるわけですし、各駅停車も所要時間がかなり短縮されます。
そうなればダイヤにも余裕ができて増発もできるわけですよね。

最後に小田急線に乗ってから20年、その間にそんな工事が行われていたようですw
走行中の各駅停車の横を急行が追い抜いていきますから、初めはびっくりしました^^;

下車した千歳船橋駅も当然高架駅となっており、昔の面影は全くありませんでした。

そして叔母さんの家に到着。
ゆっくり風呂に入り、美味い料理をごちそうになり、いろいろ話しをしているうちに日付が変わっていました^^;
叔母さんは明日も仕事ですのでそろそろお開きに・・・


お休みなさい。

| 鉄道::2008年夏「富士・はやぶさ」の旅 | 19:33 | comments (0) | trackback (0) |
東京は今日も暑かった・・・
2008年8月8日。
08/08/08となんとも縁起のよさそうなこの日、朝から晴れていいお天気です。
しかし今日もかなり暑く、ここ東京地方は猛暑日となりました・・・

昨晩寝たのがかなり遅かったため、起きたのは昼過ぎw
叔母さんはすでに仕事に出かけ、私一人で新聞を読みながらコーヒーをすすります。
今日は18時03分発の「富士」でここ東京を離れる日ですが、嬉しいやら寂しいやら・・・
久しぶりに世田谷の家に来たのでもうしばらくここにいたいと思うのですが、私もそうそう長期間休んでられませんw

とりあえず一度シャワーを浴び、そして荷物をまとめて家をあとにします。
そしてこの炎天下、重いバッグを抱えて歩くと瞬く間に汗が噴き出してきます。

さっきシャワーを浴びたばかりなのに・・・

あまりにも暑いので、駅前のコンビニでちょいと休憩して切符を買います。
すっかり様変わりしてしまった駅の様子を目に焼き付け、各駅停車に乗り込みます。
そして20分ほどで新宿に到着。
そのままJRの中央線に乗り換え東京へ・・・

荷物をコインロッカーに入れようと思ったのですが、今日はどこも空いていません。

そうか、金曜日か・・・

学生たち、家族連れ、観光客、そして何かスポーツの大会があったのでしょうか、大勢の中学?高校?の生徒たち・・・

もうすごい人で、コンコースはごった返しています。
何カ所か回ってようやく空きロッカーを見つけました^^;

さぁ、おみやげを買いますか・・・
しかし東京のおみやげって悩みますよね。
菓子系でこれだ!っていうモノがありません。
ヤケに長い行列があるなと思って見に行くと、東京ばな奈w

他にないのかよ!

もう一つの行列は東京カンパネラというお菓子。
初めて見るものなので買ってみました(食べてみましたが、なんの変哲もないチョコのラングドシャwww)

ここで東京銘菓「ひよこ」を買って帰り、福岡の”本家”「ひよこ」と食べ比べてみるか?
とバカなことを考えてみたりw

悩みに悩み抜いておみやげを買い、ちょいと休憩。
そして冷房がガンガン効いている東京エキッチンでまたアイスティーを飲み一服。
時計を見ると17時前、そろそろ弁当と飲み物やおつまみを買ってホームに上がります。

10番のりばはカメラを抱えた人が結構いますね。
私も17時20分頃入線してくる「富士・はやぶさ」を撮るべくカメラを取り出します。



今日の1レを下関まで引っ張るのはこの43号機。
このあと機関車は9番線で機回しされて逆側に連結されます。
ちなみに隣にいるのはE3系の秋田新幹線「こまち」です。



区名札の「関」は下関車両管理室所属ということで、横の流れ星マークは「寝台特急」を表しています(寝台急行は色が反転されます)



機関車を切り離し、このあと9番線を通って品川方面へ・・・



来ました来ました^^
かなりゆっくりと通過していきます。



最後尾になる「富士」のスハネフ。
「富士・はやぶさ」は上下とも「富士」が編成の後ろになります。
横の人のようにスチルカメラとビデオカメラの二刀流で撮影している方も結構います。



今日乗るのは一人用個室B寝台の「ソロ」です。
個室は1階と2階が互い違いに配置されており、2階は通路と室内の間が階段となっています。
1階のベッドの上が2階の床で、1階の天井上が2階のベッドという構造です。
寝台料金は開放B寝台と同じなので、切符が真っ先に売れる車両です。
下りでは奇数番の1階が進行方向向きとなりますが、私が乗るのも1階。



かつては「西鹿児島(日豊線経由)」だったのですが、そのあと宮崎まで短縮されて日本最長距離特急の座を「はやぶさ」に譲ります。
その後、南宮崎まで一駅延伸されましたが、現在は大分までの運転となっています。

さて、車両に乗り込んだときに車内放送が・・・

「本日、はやぶさの4号車は冷房が故障しておりご迷惑をおかけします、お詫び申し上げます・・・」

えええ~!

このクソ暑い日に冷房故障かよ!

車掌にいろいろ聞いてみると「関係各所に修理を依頼したが修理できなかった」「終点熊本までこの状態」「途中の駅で氷を追加搬入する」とのこと。
私もこの車両に行ってみましたが・・・

そこはサウナでした・・・マジで。

日中は炎天下に留置されていた車両ですので、車内の温度は想像以上。
「富士・はやぶさ」の予備車両は熊本にしかないため車両の入れ替えも不可能。
最近は乗車率が高く、特に本日は金曜日ということで寝台は満席で、他の車両への移動も不可能。
ということで4号車の乗客はこれから熊本まで18時間弱あそこで過ごさなければならないのです。
通路には大量の氷が置かれていますが、そんなもの焼け石に水です。
「金返せ~!」って言いたくなりますよね。
規則では、このまま4号車に乗車する場合は寝台料金と特急料金のそれぞれ半額(この場合は合計4750円)が払い戻されますが、あの中じゃ満足に寝ることなんてできないと思いますので寝台料金は全額払戻して欲しいでしょうね・・・

4号車の乗客の方々、心中お察し申し上げます。

幸い、私の乗るソロを含め4号車以外の車両は正常です。
たまたま4号車に乗車した人は不運だったとしか言いようがありませんね・・・

さて、18時3分。
定刻に東京駅を出発しました。
しばらくして車掌が検札に回ってきたようで、そばの部屋で対応している声が聞こえます。
そろそろ私のところか・・・と切符を用意していたのですが、その車掌慌ててどこかへ行ってしまったようですw
結局横浜を出るまで検札はなく、やってきた若い車掌も非常に疲れ切った表情をしています。
4号車の対応で大変なんでしょう・・・

その後、熱海を出たところで「このあと静岡で氷を積み込みます」と車内放送。
日が落ちて4号車の車内温度は若干落ちてはいますが、空調が止まっているせいで空気が澱んでいます。
乗客も皆一様に足下の氷の上で団扇をパタパタ・・・
そしてその氷で冷やした缶ビールで談笑中^^



これは静岡駅での様子。
停車時間は僅かですので大急ぎで運び入れます。
このあと前に向かってダッシュしていきました。
ここで足下に注目・・・
サクラ、ミズホ(消えかかっていますが)、イズモ、4号車・・・
いずれもすでに廃止されたブルートレイン(出雲の名は電車寝台のサンライズ出雲として存続)たちです。
そして東海道スジのブルトレで唯一残った「富士・はやぶさ」もこんな状態でボロボロwww

悲しくなります。。。


さて、自室で弁当を食べたあと照明を消して外を眺めます。
豊橋を過ぎた辺りで空の様子が怪しいのに気付きます。
雨こそ降っていませんが稲光がすごい・・・
名古屋、岐阜と過ぎてもそれは変わらず・・・
そして小雨が降ってきました・・・
雷雨で抑止食らって遅れたりしないだろうな・・・

個人的には急ぎの旅ではないので遅れは大歓迎なのですが、JRとしては列車の運行上避けたいし、その後の予定もある乗客は遅れてもらいたくないでしょう。
結局その後悪化する気配もなく通常運転でした。

さて、大阪を過ぎた辺りで眠くなってきました・・・
今回は徹夜する気だったのですが、歳のせいかどうしてもこの睡魔に勝てませんw
よって、携帯のアラームを広島到着時刻に設定して寝ることにしました。

| 鉄道::2008年夏「富士・はやぶさ」の旅 | 20:49 | comments (0) | trackback (0) |
旅の終わり・・・
昨晩は広島到着に併せてアラームをかけていましたが、その前に目を覚ましました。
外はすでに明るくなってきており、長大編成の貨物列車とすれ違うのが確認できました。

あれ?

一瞬ですが、その貨物列車の最後尾に赤い機関車が・・・

あ!
今セノハチか~

瀨野~八本松間(通称セノハチ)は22.6パーミルという急勾配で有名な難所です。
その区間の列車は単独で登ることが困難なために、補助機関車として最後尾に連結された電気機関車(セノハチ専用のEF67)が後押しして登ります。
また昔は「ブレーキ」の補助として下り線でも運用されていました。
現在は一部の貨物列車のみですが、昔は旅客列車も補機を連結して運転していました。
そしてさらに「走行開放」といって、登坂後は走行中に連結器を開放して切り離していましたが、現在は行っていません。
機関車の色は、旧型車両のぶどう色2号を除いて直流電機=青、交流電機=ワインレッド、交直両用電機=ローズピンク、ディーゼル=朱色、蒸機=黒が基本となるのですが、このEF67(広島車両所所属)は直流の電気機関車でありながら赤11号という朱色に近い赤に塗られています。

そのEF67が必死に押している一方で、私の乗る「富士・はやぶさ」はカーブで激しいスキール音を響かせて軽快に下っています。
そして列車は広島に停車。
ここ広島駅といえば中国地方有数のターミナル駅ですが、新幹線以外の在来線でこの駅に停車する急行の定期列車は1本もなく、特急の定期列車も「富士・はやぶさ」のみとなっています。
そしてこの「富士・はやぶさ」が廃止されてしまうと、なんと急行と特急の定期列車が1本も停車しない駅(新幹線を除く)となってしまうのです・・・
一方、九州は特急列車の数があまりにも多く、別に「特急」にする必要はないだろうと思う列車もありますよね。

JR九州よ、そこまでして特急料金を徴収したいのか?

それはさておき・・・
その後岩国、柳井と停車します。
ここ柳井では「幻の弁当」が積み込まれます。
それは柳井の仕出し弁当屋が「富士・はやぶさ」のためだけ(になってしまった)に作っています。
内容はいたって普通の幕の内弁当なんですが・・・^^;
そしてその弁当屋のおばちゃんが僅か5,6個の幕の内弁当を列車に積み込んで行くのです。
一日の販売数が僅かで、しかもこの「富士・はやぶさ」でしか買えないところが「幻の弁当」と言われる所以です。
発車してホームを眺めていると、白い調理服を着たおばちゃん(おばあちゃん?)がトボトボ歩いて帰って行きます。

朝早くからお疲れ様です^^

この弁当、積み込まれたはいいが販売は徳山からです。
他の弁当や飲み物などと一緒に売り子さんが徳山で先頭の1号車に乗車してきます。
ですから徳山に着く前に私のいる9号車から1号車まで移動し待機します。
もちろん目当てはその「柳井の幕の内弁当」なのですが、すでに・・・というかやはり先客がいました。
まぁ人数からして買えるのは確実ですが、その後も続々と乗客がやってきます。
そして徳山到着。

「よっこらしょ」と売り子のおばちゃんが車内販売用ワゴンと共に乗車。
準備が終わるや否や「幕の内下さい」の声^^;
私もお茶と一緒に購入し自室に戻り、早速頂きます。



肝心の中身なんですが・・・
撮るのをすっかり忘れてしまって・・・
まぁ普通の幕の内弁当ですよ、ハイ^^;

と、まだ暖かさの残るその弁当を食べているとき列車が突然止まります。
外を見るとどこか小さな駅で停車しています。

どこだ?
こんなところで運転停車はしないし・・・

すると車内放送が・・・

「この先福川~戸田間で枕木が燃えているとの情報が入り、ただいま福川駅にて停車しております。消火作業が終わり、安全が確認でき次第発車いたしますのでしばらくお待ち下さい・・・」

枕木が燃えてるだと?
上り線のを見ると枕木はコンクリートです。
まぁ本線の枕木ではないんだろうな・・・

思いも寄らない場所で抑止を食らってしまいましたが、幸い20分ほどで運転再開。
その後ソロの窓から見ていたのですが、関係者らしき人影はありましたが、どこで燃えていたのか分かりませんでした。

この停車による遅れは23分。
この先遅れが広がることはないだろうが、回復することもないでしょうw

さて、しばらくして通路に出て外を眺めていると・・・

「弁当を買いたいのですが、車内販売は回ってくるんですよね?」と男性から声をかけられます。

そう言えばまだ回ってきてないな・・・

「先頭からの販売でここに来るまでに売り切れる可能性もありますので、待つより買いに向かったほうがいいですよ」と答えると急いで先頭へ歩いていきました。
本来、車内販売はその1号車から後ろに向かって移動していくのですが、弁当目当ての客が1号車に大勢やってきているためなかなか移動できません。
しかも今日は4号車の通路に氷の入った発泡スチロールの箱がいくつも置いてありますので、ワゴンが通るのに一苦労するでしょう。
結局車内販売が回ってきたのはかなりあとのほうでした。
あの男性、ちゃんと弁当買えたかな?

そして気がつくともう下関に到着です。
下りの下関は機関車が撮れますので急いで先頭へ・・・



うーん・・・
人、多すぎ・・・

このあとすぐにホームのうどん屋に行き「ふく天うどん」を購入。
このうどん、機関車交換の間に購入するのが今や定番となっており、急いで行かないと売り切れます(前回売り切れで買えませんでしたw)



ふぐの天ぷらにふぐの形をしたかまぼこ・・・
味はなかなかおいしいですね~
ただ「牧のうどん」に慣れ親しんだ私には、そのスープはちょっと薄いかな?と感じました。

うどんをすすりながら関門トンネルをくぐります。
そして門司に到着するとすぐに機関車を交換し、はやぶさ編成が一足先に熊本を目指して発車します。



しかし4号車の客は大丈夫だろうか?
無事に熊本に着けばいいのだが・・・

そして私はこの位置で「富士」の機関車を待ちます。



やっぱダメだわ^^;
もうお祭りのような賑わいで誰かしらのお顔がバッチリ写ってしまいます・・・
しかしこのギャラリーの多さは子供の頃を思い出します。
門司&下関での機関車交換時、そして東京駅ではカメラを抱えた多くの人がブルートレインを撮っていましたからね~

さぁ、門司を出て西小倉から先は日豊本線に突入。
九州在住の私ですが、日豊線の列車ってあまり乗ったことがないんですよね。
小さい頃に「にちりん」「日南」に1,2回乗っただけです。

その日豊本線をのんびり下っていきます。
そして杵築?(どこか忘れた)でソニックにぶち抜かれます。
ブルトレが他の列車に抜かれるという屈辱はすでに「はやぶさ」で味わっていますので、もう驚きはありません。

その後左手がパッと開けて真っ青な海が・・・



何とかカメラに収めようと努力しましたが、なにせ架線がチラチラ写り込んでくるのでこんな画像しか撮れずwww
目の前の道路は国道10号線。
たくさんの車が海岸線を気持ちよく流しています。

そしてこのあとすぐ、定刻より20分遅れて終点大分に到着。



ここでは日の当たった赤釜を撮影。
隣の真っ青な車両は883系「ソニック」
しかし、この富士のヘッドマーク・・・
剥がれかけているのは前からですが、その範囲がどんどん広がっているような・・・
それに上から塗って補修するのはいいけど、もっと丁寧にやれないものですかね?
こんなところでもブルトレの置かれた状況を思い知らされますねw



東京から17時間40分ほどかけて1260kmあまりを走ってきました。
かつて西鹿児島まで行っていた時代は、東京を18時30分頃発車。
そしてここ大分からさらに6時間以上かけて走り、西駅に着くのは19時頃でした。
以前、リバイバル列車として西鹿児島(鹿児島本線経由)~品川で上り「思い出のはやぶさ号」、品川~西鹿児島(日豊線経由)で下り「懐かしの富士号」なんて列車を某旅行会社が企画したそうですが、またやってくれないかな?

さぁ、名残惜しくてしばらくホームで眺めていましたが、あまり遅くならないよう博多まで戻らねば・・・
とりあえず改札を出て外のドトールコーヒーで一服。
その後窓口で「ソニック」のグリーン席の空席状況を確認。
12:41発のソニック30号にしようと思ったのですが、土曜日の今日は885系「白いソニック」での運転。
885系は以前「白いかもめ」で乗りましたので、今回はどうしても883系に乗りたい・・・
ということでその後の13:14発のソニック32号のグリーンを取りました。

883系といえば九州の列車で初めて導入された振り子式車両。
グリーン車はレザーシートで電動リクライニング・・・
そして「ソニックレディ」が飲み物を運んできてくれます。
ここで感心したのは気配りが非常に行き届いていることですね。
タオルケットを持って「寒くないですか?」と聞いて回り、気になることがあると「大丈夫ですか?」「何かお持ちしましょうか?」と常に回りに気を配っています。
そして揺れる車内でも姿勢良く立ち振る舞い、笑顔も絶えることがありません。

非常に気持ちよく乗っていたのですが、小倉を過ぎて一変します・・・
実は小倉で進行方向が変わるのですが、シートは各々自分で回さないといけません。
しかし私の後ろの客が回さずにずっとそのままなので私は回せません。
ソニックレディが「シートはそのままでよろしいですか?」と聞いていますが、後ろがそのままなので私も仕方なく「ハイ・・・」とw
まぁ別に回しても構わないのですが、その客と向かい合うのも嫌ですからガマンしました。
やはり後ろ向きはダメですね。
気分が悪くなることはありませんが、とにかく違和感ありありです^^;

外は急に天候が悪化してきました。
突然雨が降り出しあちこちで稲光が・・・
途中その雨のため一時停車し、その後はスピードを落としての運転。
結局30分遅れで博多に到着しました。

ブルトレで遅れるのは苦にならない(というか個人的には嬉しい)ですが、他の列車で遅れるのはちっとも嬉しくないですね^^;

さぁ、これで2008年夏「富士・はやぶさ」の旅は終わりです。
公式発表はされていませんが、来年春での廃止はほぼ間違いないようです。
そうなると東海道スジのブルートレインは姿を消すことになります。
今の鉄道事業(だけではありませんが)はスピードや利便性などなど合理化ばかり追い求めているような気がします。
まぁ、確かに事業を成り立たせるためには必要なことかもしれませんが、それによって「鉄道の旅」を楽しめる列車がなくなっていきます。
鉄道の旅といっても、ローカル線でのんびりと・・・とか、最新のテクノロジーを駆使した列車での速く快適な旅・・・などいろいろあると思います。
その中の「長距離、長時間の夜行列車の旅」というものが切り捨てられようとしています。
JR分社化でこのような列車の運行は面倒だし、長距離を走るがゆえ小さなことでもダイヤにも大きく影響します。
そんなブルートレインはまさにJRの厄介者なのですが、他の列車にはない大きな魅力を感じる人も多いと思います。

忙しなく生きているこの世の中、その喧騒の中から飛び出して闇夜を走る列車で遠くまでのんびりと旅をする・・・

なんと贅沢な旅でしょうか^^;

定期ではなく季節運行でもいい。
九州特急の火を消して欲しくない。
九州新幹線開通後のこともありますので「博多」止まりでいい。

そう、あの「あさかぜ」を復活させて欲しい。

そしてその「あさかぜ」に私は乗りたい。

そんな叶いそうもない夢を語ったところでこの旅行記を終わりたいと思います^^


| 鉄道::2008年夏「富士・はやぶさ」の旅 | 23:58 | comments (0) | trackback (0) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら