このところほぼ毎日聴いているCDがあります。
Tim Riesの「The Rolling Stones Project」というSACD(2chステレオ)で、去年の秋に購入したものです。





なぜこれを買ったかというと・・・
なんでもいいからSACDで良さそうなヤツはないかと某電気店内にあるCDショップのSACDコーナーを訪れたんですよ。
SACD自体店頭であまり見かけませんので、このショップは結構ありがたいですね(といっても品揃えはかなり少ないですが^^;)
特に欲しいものがなくても、この店に来るとこのコーナーを覗くのが習慣となってしまいました。


さて、そこでたまたまこのSACDを見つけたのですが・・・

Tim Riesって誰?

ローリングストーンズ?

なんの関係が??


訳も分からずただRolling Stonesの文字につられて買ってきたのです。
その後気づいたのですが、帯に「1999年からストーンズのツアーに参加しているサックス奏者、ティム・リース・・・」と書いてあり、曲目も全てストーンズの曲です。
で、ライナーノーツを読むと、どうもこれは「彼がストーンズの曲をアレンジしたもので、しかもジャズ」だということが分かりました。
帰宅後早速聴いてみたのですが・・・



すばらしい!


ストーンズのメンバーであるロン・ウッド、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツも参加しており、なんとノラ・ジョーンズも歌っております。
多くはインストゥルメンタルなのですが、「Wild Horses」でのノラ・ジョーンズのボーカルには参りました、正直「この一曲だけでも買う価値はあった」と思いましたよ。


ちなみにこのSACDはハイブリッドなので、CD部をCD-Rに焼いて車専用にしています。

さて、最後にもう一枚・・・




ダイアー・ストレイツのベスト版です。
大御所のベスト版なので、別になんてことないように思いますが、実はこのCDはHDCDなんです。
このCDは去年の夏頃買ったのですが、HDCDだと知らずに買ってしまったんです。
そのころ所有のアンプやプレーヤーは共にHDCDデコーダを装備しておらず、高音がやたらと強調されてかなり耳障りな音で、それ以来お蔵入りに・・・


しかし、その後アンプが運良く?壊れて買い直し、めでたくHDCDをHDCDの音で聴けるときがきました。

おお!

以前とはぜんぜん違うじゃん!


耳障りだった高音域は見事に変換され、きれいにバランスよく鳴っています。
マーク・ノップラーのあのウーマントーンギターサウンド、そしてボブ・デュランばりのボーカルはより深みを増した感じです。
SACD並とまではいきませんが、ダイナミックレンジも広く明らかに普通のCDとは違う音ですね。
しかし、やはりちょいと不自然さを感じるところもありますね~
耳障りではないのですが、やはり何となく誇張された感じというかなんというか・・・
まぁアメリカで開発されたこのHDCD自体あまり普及している感じはありませんね。
このCDを聴いて「元々のダイナミックレンジが広いクラシック向けかな?」と感じましたので、J-POPなどには向いていないと思われます。
そのことも日本で普及しない原因の一つかな?なんて感じております・・・



| 音楽 | 02:29 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/13
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら