ガラガラガラ、と不快な音・・・
先月15日に納車された我がDトラッカー125ですが、オドメーターの数字はなかなか増えませんw
ですからインプレらしいものをしようと思ってもまだなんとも言えない状況なのですが、とにかく静かで低回転域からもしっかりとついてくるエンジンでなかなかよろしいのではないでしょうか。
足まわりも意外としっかりしてますし、ライトも明るくブレーキの効きも問題なくとてもいいバイクです。

しかし!

今現在一つだけ気に入らないところがあります。

それは走行中に絶えず「ガラガラガラ~」と音がすること。
これは納車直後から気付いていたのですが、ネット上ではどうもこの音はチェーンローラーから発生しているようだということでした。
パーツリストでローラーを見てみると、カラーとローラーをボルトで留めてあるだけです。

そこである人物が純正のローラーのカラーを取り払って、代わりにベアリングを付けてそれで異音は多少静かになったということで、私もローラーのベアリング化を敢行しました。




まずは純正のローラーを取っ払いますが、こんな場所にあって裏側のナットが押さえにくいですが特に苦労することなく外せます。




これが取り外した純正のローラー。
見ての通り簡素な造りです^^;
このカラーとローラーのクリアランスが大きい(小さすぎると回転しない)ので、どうしてもガタついて音が出るのではないか?と・・・




これはDRCのチェーンローラー(32mm)です。
純正加工よりも手っ取り早くベアリング内蔵の社外パーツのお世話になります^^;





純正とDRCとの比較。
直径がDRCのほうが若干(5mm弱)大きいです。
幅はほぼ同じなのでボルトはそのままでOK。




早速装着してみます。
交換に要する時間はゆっくりやってもせいぜい2~3分です。






で、次にバイクをメンテナンススタンドに乗せてエンジンをかけ、リアホイールを回してみました。
このスタンド、ZX-10のメンテで活躍してくれたカワサキ純正品で、かつてお世話になったショップの店長さんにもらったものです。
そのスタンドも数年のブランクを経て錆び錆びですが、また活躍してもらいましょう。
ちなみにこのスタンド自体はもう絶版のようですが、今はローラー付きのタイプが売られています。

さて、肝心のローラーはどうでしょうか?

ベアリングのおかげでローラーはスムーズに回っていますが、ガラガラという音は消えていません・・・
確かに純正ローラーよりは多少静かにはなりましたが、まだ音は出ています・・・
チェーンがローラーと接触する音なのかな~?

その後少しだけ試乗してみたのですが、ハッキリ言ってローラー換えても効果ありませんでしたw
依然としてその不快な音が乗っている間ずっと聞こえてきます・・・

この音って、一体何なんだよ!

小雪が舞う寒空の下、私はただただ呆然と立ち尽くすのでした・・・



今日はこのあとすぐに仕事で深く追究できませんでしたので、また後日ゆっくりと原因を探ってみたいと思います。

| モーターサイクル | 23:06 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/258
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   05 - 2023   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら