DENONかPioneerか・・・
去年の暮れにPCモニタをEIZOのCX240からEV2785に買い換えました。
CX240に大きな不満はなかったのですが、4Kの世界に足を踏み入れてみました。

そしてこの夏、TVも4Kに対応すべくSONYのKJ-55X9500Gを購入。
それに合わせてAVアンプも買い換えることにしたのですが・・・

現在使っているDENONのAVR-4311はとても気に入っているので、できればこれをそのまま使えないかと思ったのですが、
使えないことはないのですが、AVR-4311はHDCP2.2に対応していないため、プレーヤーやTVとの接続がちょいと面倒・・・
またHDMIによる機器の連動が働かなくなる可能性大のため、操作も面倒な事になります・・・
ということでTV買い換えに合わせてアンプの買い換えを決意した次第です。

買うと決まればあとは機種選び。
アンプに関しては中学生の頃からDENONオンリーで来ましたので、できれば今回もDENONと考えていました。
しかしBDプレーヤーをPioneerに買い換えたため、アンプもPioneerにした方がいいかな?
メーカーを揃えることで見た目も統一されて機能もフルに使えるので、ここで思い切ってPioneerに乗り換えるか・・・
いやいや、やはりアンプだけはDENONを貫くべきか・・・
とりあえず双方の候補機種を絞ってしばらく悩むことになりました。

Pioneerの候補としては現行機のLX701、801、901になります。
そしてそれらの価格(購入検討時)はそれぞれ10万、15万、20万ほどとなり、買うなら801でしょうか。
DENONの候補はX4500H、X6500Hあたりになり、価格はそれぞれ12万、25万ほどで、X6500Hはちょっと厳しいか・・・

そこでLX801とX4500Hを比較するにあたってAVアンプとしての能力をどこまで追求するかが問題となります。
オーディオアンプとしての能力は物量に勝るLX801が頭一つ抜けている気がしますし、これならプレーヤーとジッターフリーでの接続が可能となります。
しかしドルビーやDTSなどのフォーマットはX4500Hが有利。

しかしドルビーやDTSなどのフォーマットは年々新しいものが出てきますし、その新しいフォーマットも普及するにはしばらく時間が掛かります。
そのフォーマットを実際に体験しようと思えばスピーカーの問題も出てきます。
新たにスピーカーを増やしにくい環境の私には、映像や音声の伝送に関する規格も併せて考えるとLX801で十分だと思います。

というわけでLX801に決定!

という流れですが・・・




買ったのはX4500Hです。
やはりDENONとの縁を切ることはできませんでしたw




AVR-4311とX4500H、共に4000番台というモデルですが、背面を見るとオーディオアンプとしては4311のほうが格上に見えますね・・・
まぁメーカーの希望小売価格が4311の24万にたいしてX4500Hは17万ですから、あちこちでコストダウンは計っているのでしょう。
4311のRCA端子はしっかりと金メッキがなされています。
ただ今の私の使い方だとRCA端子は一つも使わないのでメッキ云々はどうでもいいわけでしてw

さて肝心の音に関してですが、サラウンドに関しては正直4311と変わりませんw
音場補正や設定を見直すと変化があるのかもしれませんが、サラウンドの再生に関しては今のところこれでOK。
2chオーディオに関してはまだ試していないので未知数ですが、4311より大きく劣るようなことは無いと思います。

ただフロントスピーカーをしっかりと鳴らすためにはやはりプリアウトさせてプリメインやパワーアンプを追加したほうがいいんでしょうね・・・
職場の同僚にも「2chはパワーアンプで鳴らすと全然違うぞ~」と悪魔のように囁いていますので心揺れますが、今の環境じゃもう一台アンプを置く場所がないんですよねw

まぁしばらくこれで様子を見てみます。



| 家電一般 | 23:56 | comments (x) | trackback (x) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら