DAITONE 復活!
戦後直後からの長い歴史を刻んできた三菱のオーディオブランドであるダイヤトーンですが、1999年をもって民生用オーディオスピーカーの生産販売を終了、撤退しておりました。
そしてこのたびダイヤトーンは超高級スピーカーを引っさげて戻ってきました。


http://diatone.mee.co.jp/index_f.html

その名も「DS-MA1」
かのDSシリーズの後継機ということになりますね。
私もかつてダイヤトーンを使用して気に入ってましたので「機会があれば是非購入を」と思っていたのですが・・・・


その価格はなんと105万円!!(税込み)



左右セットじゃありませんよ、1本の価格です。


新規で買う場合は1本しか買わない人なんてまずいないでしょうから、210万円ですね~
これなら普通乗用車も買えてしまいますね。
とても庶民が買える価格ではありません・・・

また、購入方法も特別で、まず必ず視聴を行い(試聴会は予約制)その場で申込用紙をもらいます。
申し込みが済んだら支払いはクレジットのみで、現金での支払いは出来ません。
しかもそのクレジットが「三菱クレジット」と指定されており、ちゃっかりしてますね^^;


さて、三菱はこのnewダイヤトーンブランドを「超高級ブランド」として展開し、かつてのように幅広い価格帯では展開しないようです。
まぁ車もトヨタが「レクサス」を日本で導入、日産も「インフィニティ」、ホンダは「アキュラ」と高級ブランドを今後展開していくそうですが、ダイヤトーンを皮切りにオーディオ界でも家電メーカーが高級ブランドを立ち上げるケースが増えてくると面白いのですがね^^;
ピュアオーディオ系は、かつて東芝の「AUREX」、日立の「Lo-D」、松下の「TECHNICS」、ソニーの「ESPRIT」、三洋電機の「OTTO」、シャープの「OPTONICA」、パイオニアは「EXCLUSIVE」などと専用ブランドを抱え、ケンウッドの前身である「TRIO」や「AKAI」「SANSUI」など多くのメーカーがオーディオ関連の製品を販売していました。
しかし、低価格なミニコンポの品質も向上し、ホームシアター関連、そして最近はデジタルオーディオプレーヤーなどに押されて年々縮小されて、残っているのはほんのわずか・・・

そんな中での三菱のこの思い切った戦略が吉と出るか凶と出るか・・・



| 家電一般 | 01:32 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/17
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら