もう5年か・・・
母親の乗るE90は今年で早5年・・・
2回目の車検を受けるためディーラーに持って行きました。
担当者から「何か気になる点はあります?」と聞かれ・・・

ないですね。

車はあちこち小傷が多いのですが、それ以外で気になる点は一切ありません。
何せまだ20000kmしか走ってませんし・・・w

とりあえずこちらからのオーダーを1点だけお願いして帰ってきました。




今回お借りした代車はX1でした。
ここヤナセではたいてい自前のレンタカー(“わ”ナンバーの同車種)が用意されるのですが、なぜか今回はデモカーのX1。
まぁいろいろお付き合いもあるでしょうし、営業担当者が気を利かせてくれたみたいですね^^

さてこのX1、グレードはX1 sDrive18i xLine です。
エンジンはN46(1世代前の直4エンジン)で、xDriveではないので後輪駆動車です。
ですからエンジンは今までよく借りていた前期モデルの320iと同じで、乗った感じもよく似てます^^
今までスポーツサスのセダンに乗り慣れている身には、このアップライトなシートポジションは新鮮です。
車幅はE90と同じですが、フロントの見切りが良好なせいか取り回しはE90よりもいいと感じました。

ただやはりこのエンジンとATは時代遅れと言わざるを得ません。
というのも、少し前にF30に試乗したのですが、その直4ターボ+8速ATの出来にちょいと驚きまして・・・
おいしい回転域でショックレスに繋いでスムーズに加速していくそれはE90の直4とはまるで別物でした。
特に320dのあのNA4L並のトルクは想像以上でした。
さすがにディーゼル特有の音はしますが、運転中はそれほど気になることはありませんでしたね。
まぁ6発の335iみたいな官能的な音や回す楽しさはありませんが、街中で普段の足として乗る分にはあれで十分でしょう。
ただ328iにはまだ乗ってないのですが、同じエンジンでもこっちはさらにパワフルみたいなので機会があれば乗ってみたいですね。


最後にタイヤの話を・・・
20000kmしか走っていませんが、なんとタイヤ(ブリジストンのRE050)がかなり摩耗して限界間近だったため今月初めに交換しています。
交換に際し、RFTにするか非RFTに変更するかで母ともいろいろ相談しました。
RFTと非RFTに変更した場合のメリット・デメリット、価格、乗り心地、いろいろ総合的に考えて今回はあえてRFTを選択しました。
個人的には非RFTで私がE46で履いているパイロットスポーツ3を勧めたいところでしたが、RFTの大きなデメリットである固さと価格の点で「構わないよ」という事だったのでRFTに決定でしたw
銘柄はブリジストンのS001ですが、評判通りのタイヤでしたね。
乗り心地はRE050とは雲泥の差です。
縦バネ指数がRE050の126から106と柔らかくなったおかげで小さな段差でも不快な突き上げは感じません。
乗り心地も良くなり静粛性もアップとくれば、RFTのデメリットはもはや価格のみといっても過言ではないと思います。

しかし、その価格というデメリットはかなり大きなものでして・・・
225/40、255/35の18インチタイヤの工賃・処理費用すべて含めて20万円を軽くオーバーしますw

パンクしても80km/h以下で80km走行できる、という安心感を非RFTとの価格差に見いだせるかどうか、ということなんでしょうか・・・
国産車でももっとRFTが普及してくれれば必然的に価格は下がってくるはずですから、今後はそれに期待するしかありません。

まぁ・・・私でしたら速攻で脱RFT、でしょうねw

| 車::E90・いろいろ | 20:59 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/449
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら