こういうことです・・・
私はNMAXとPCXで迷ってNMAXを買ったわけですが、かみさんはどちらかというとPCXのほうが好みのようです。
その理由を問うと「ライト周りが綺麗」「あの青い色が特に綺麗」「よく走ってるのを見かけるから」とのこと・・・

私の知り合いに先代モデルの綺麗な青メタに乗ってる人がいるので、それを見てあの色が気に入ったんでしょう。
私もあの色は好みなのですが、現行モデルにあの色ないんですよね・・・
あと現行のライト周りはLEDのラインが入って目立ちますね。
とまぁ、かみさん目線では装備や性能云々よりも見た目での判断と言うことになってしまうのは致し方ないでしょうね。

ということで・・・




なんとPCXもご購入・・・
あまり他の人と被りたくないので黒のツートーンを選択しました。

話は今年の夏に遡ります。
NMAXの新色が気に入って購入を決意した頃、私がふとある提案をします・・・

「あんたも小型二輪の免許取ってPCX買ったら?」と。
するとかみさんは「いやいや、そこまでしなくていい」と、何より忙しい最中に免許を取りに行くなんて面倒くさくてしょうがない、と。
だいたい通勤に使ってる今の50ccで十分だし、買い換えるにしてもまた50ccでいいから、とね。

かみさんが今乗ってるビーノは4ストになった最初のモデルで、発売後比較的すぐに購入した個体ですから、もうかれこれ13年以上乗ってることになります。
その間、様々な故障もあり、もらい事故もあり、私の助言を無視し続けてカバーを掛けずにいたため紫外線の餌食となり、もう満身創痍です。
黒樹脂部分は白く、ナンバーも真っ白なのをおまわりさんに指摘され、メッキは錆びに侵され、給油キャップのカバーは行方不明になり、接触不良でブレーキを握るとセルが回り、ライトが突然消えることも・・・
ですからこのビーノも買い換えを検討していたんです。

だからこれはいい機会だし、原二の世界においでと誘ったのですが頑なに拒みます・・・

それからしばらく50ccバイクの現状と問題点、今後の見通しなどを力説して説得を試みますが、なかなか首を縦に振りません。
技能教習は8時間しかないし、普通免許を持っているので学科も1時間だけ。
幸い大きな自動車学校が自宅から10分のところにあるので、仕事帰りにササッと寄ってチョロチョロッと乗ってきたらいいじゃん?
その間の様々なフォローは私も子供もしますから、どうだね?
今まで俺の言うことを聞いてきて後悔したことあるか?
騙されたと思って通ってみたら?

すると今まで頑として拒否し続けてきた彼女の気持ちに揺らぎが見られるようになります。
私はそれを感じるや否や行動に移します・・・
ある日「〇○に買い物行こう」と家族3人で車で出かけます。
そしてそのままそのスーパーの隣にある自動車学校へと・・・w

何?

驚くかみさんをよそ目にドアを開け、受付の綺麗なお姉さんに一言・・・

「彼女がですね、小型二輪の免許を取りたいそうです」

そして書類を一度持ち帰り、覚悟を決めろと言わんばかりにサインを要求。
かみさんも観念したのか渋々書類を書き上げ、後日めでたく入校となったわけです・・・

それから免許取得まで1ヶ月ちょっとかかりました。
平日の夕方以降、土日祝日はただでさえ教習希望者で混雑しますので、なかなか希望日時の予約が取れないんですね。
それでもなんとか無事延長することもなく卒業出来、晴れて普通二輪の免許証を手に入れたのです!
まぁ「普通二輪は小型二輪のAT車に限る」という条件は付いていますがw

そして教習に通い始めてすぐに私とかみさんはお世話になっているバイク屋に「NMAXとPCXください」と注文をしに行きます。

へ?

と驚く社長にかみさんが教習所に通っていることを話すと喜んでくれて・・・
それから長々と話をして見積もりを出してもらうと、その場で支払を済ませます。

あとはそれぞれの入荷を待つだけとなったのですが・・・

このときNMAXの納期が遅れていることを知ります。
PCXはメーカーに在庫があるので比較的すぐに納車できるそうですが、出来れば2台一緒に納車をお願いしたいですよね。
ですからNMAXが入荷するまでPCXの納車も待ってもらうことにしました。

しかしその後、NMAXの入荷予定が11月中旬に遅れ、今後さらに遅れる可能性も出てきたためPCXだけ先に納車してもらうことにしました。

そしてかみさんが卒検を無事クリアして試験場で講習を受けて免許証を手にしたその日、PCXが一足先に我が家にやってきました。
ちなみに私のDトラ125なんですが、自賠責の期限があまり残っておらず、ヘタするとNMAXの納車までに切れてしまう可能性もありました。
ですからPCXはDトラ125と入れ替えとなり、この日でお別れと相成りました・・・

PCXの納車からちょうど1ヶ月後、私のNMAXも無事納車され、ボロボロに朽ち果てかろうじて動いていたビーノも引き取られていきました。

NMAXが来るまでPCXはかみさんと交互に乗っていたのですが、非常に乗りやすいバイクですね。
静かで振動も少なく、ソフトなサスペンションで乗り心地もかなり良いです。
かみさんは最初その大きさに驚いていましたが、今では慣れて軽快なライディングを見せてくれてます。

「私は本当に騙されて教習所に通うことになった」

「もう二度とこんな面倒な事はしたくない」

「125ccである必要性を感じない」

と散々嫌みを言われてきましたが、今では・・・

「むっちゃ乗りやすい」

「ライトが明るい」

「何より楽」

べた褒めw
とにかく排気量の違いによる動力性能の違いが一番大きいようで、幹線道路でも遠慮せずに走れることがうれしいようです。
何はともあれ、これで夫婦揃っての原二生活が新たに始まりました・・・

今後はPCXとNMAXの乗り比べなど、気が向いたら書いてみようかと思います。





| モーターサイクル | 00:19 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/539
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   01 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら