夏休み・・・
世間では盆休みだとか、夏休みだとかなにやら楽しそうですが、残念ながら私にそんなものは存在はせず、黙々と仕事に邁進している日々です。
しかし子供は小学校最後の夏休みですし、夏休みにどこにも連れて行ってやれないのはかわいそうなので、期間中唯一の連休が取得できた今週末に1泊でどこかに出かけることにしました。
1泊でしかもお盆休みに突入するということも考え、車でひょいと行ける近場で・・・ということになり、ならばやっぱ阿蘇だろということになるわけです・・・

阿蘇・・・何回目ですかね?
まぁ何度行ってもあのロケーションは最高ですし、ゆったりとした空間に癒やされます。
ですからちょっと機会があるたびに「田楽食べに行こう」「あか牛食べに行こう」と阿蘇に向かうわけです・・・
基本的には阿蘇・田楽・あか牛で旅を完結させることができるのであれこれ考えなくてもいいって所も魅力ですかw
というわけで10日朝、高速に乗って熊本へ・・・
帰省ラッシュに巻き込まれないよう若干早めに出てきた甲斐あって流れは非常にスムーズ。
しかしこの調子だと最初の目的地のとあるお店には早く着きすぎてしまいます。
ですから熊本インターを降りて一旦熊本市街に向かいます。
車の中からでも復旧作業中の熊本城を見てみようと思ったのですが、やはり車の中からではよく分かりません。
見えている部分はとても綺麗に修復されていますが、全体的にどれほどの作業がなされているのかは分かりませんでした。
今年10月5日からは一般公開も再開されるそうですので、その時また見に行きたいと思います。

さて、何度かお城の周りをグルグル回ってから国道57号線を東に走ります。
立野の先からは通行止めなので立野の交差点を右折して長陽大橋経由で国道325号線を高森に向かいます。
時折現れるジモティー車のノロノロ運転にもイライラすることなくまったりと車を走らせ、高森から国道265号線に入ってしばらくすると目的にお店に到着。
このとき10時ちょっと前。
土日祝日の開店が10時30分なので10時頃につけば丁度いいかな・・・とまさにその時間に到着。




ここは「らくだ山」という地鶏焼で有名なお店。
前回来たときに初めて食べたのですが、めちゃくちゃ美味かったんで再訪。
その時はものすごい人が並んで待っていたので心配しましたが、この日はそれほど多くはありません。
やっぱ夏はそこまで多くないのかな?
というのも、この店は換気のために年中窓が開けっ放しで、エアコンはおろか扇風機もありません。
ネットには「真夏は汗びっしょりになる」なんて書き込みも多く見られ、もしかしたらこの時期は敬遠する人も多いのかもしれません。
しかし開店直前には駐車場も一杯になり、誘導員まで配置されていましたw
確かにこのお店に入る道が狭くて離合しにくいので、出入り口で2名の誘導員が連絡を取り合って車を流しているようです。

さて開店と同時に通された席はありがたくも大きな掃き出し窓の連なる側でした。
タオルを首に巻いて臨戦態勢をとりますが、意外と涼しいんです。
時々さわやかな風が吹き抜けていきますので、これなら心配は杞憂に終わるかな・・・




これが3人分の地鶏です。
定食にはこれに粟飯、味噌汁、漬物、地鶏卵がついてきます。
この卵をごはんに掛けて食べる卵ごはんは絶品で、おかわりを注文する人もいるほど・・・




さぁいよいよ戦闘開始。
肉は歯ごたえはあるけど硬すぎず、濃厚な鶏肉の味を引き立たせるそのタレもまた秀逸。
卵ごはんと一緒に掻き込むとさらに幸せ・・・

懸念されていた暑さは場所がよかったためか大丈夫でした。
しかし、部屋の中央に通されたお客さんは滝のような汗を流しながら食べていたので「やっぱあそこ暑いんだ・・・」とかみさんw
今度夏場に来たときあそこに通されたら窓側が空くまで待ちますって拒否した方がいいよね・・・だとw

さて、美味い鶏肉を食べたあとはお約束の草千里です。
来た道を戻って県道111号線を登っていきます。
しばらく登っていくとなにやら雰囲気ががらっと変わります・・・

雲?霧?ガス?

急に視界が悪くなりなんだ?と右側に目をやると・・・

なんと火口から吹き出された噴煙が間近に見えるじゃありませんか。
何度か阿蘇には来ているけど、こんな光景は初めてです。




近くの駐車場から見るとよく分かります。
普段は北西寄りの風が多いので噴煙は南東側に流れるのですが、ここ最近はずっと東寄りの風が吹いていてるので噴煙も西側に流れているようです。
しかも最近は降灰も多いため周辺地域への被害もでているようですね。




草千里の駐車場に止まっている車にはおおむね灰が積もっていますw
風が強いためか吹きだまりにはたくさんの灰がたまっています。
しかしこの灰もマグマの破片だと思うと、なんかすごいよなぁって思っちゃいます。


風も強いし灰も降り注いできますのであまり長居はせず草千里をあとにします。
当初はこのまま阿蘇市内に降りて行く予定だったのですが、そうすると間違いなく灰に降られますので来た道をまた戻る事にします。
つづきはまた次回・・・






| 旅::阿蘇 | 21:26 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/571
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<   11 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら