Master・・・
新PCはまだOSすらインストールできていません・・・
ほかにもやることがいろいろあって、休みで一人になれる時間がある程度取れる日にまとめてやりたいと思います。

さて、今日はマウスを買い換えました。
今愛用中のMX-Rはもうかれこれ13年使っています。
途中、チャタリングによるスイッチ交換を経てなお頑張ってくれていますが、電池がもう寿命を迎えようとしています。
満充電にしても3日持ちませんw

電池の劣化はかなり前から体感していたので、5年前にMX-Rの後継機とされるMX-Masterを買ってはみましたが、その使いづらさがガマンならずすぐにお蔵入り・・・
その2年後にモデルチェンジしたMX-Master2sに大きな期待を抱いていたのですが、基本的なボタン配置は何ら変わっていないためスルー・・・
そしてようやくその時はやってきました。




去年このMX-Master3が発売された時、そのボタン配置に目が留まります。

お!

一度ヨドバシで触ってみてその問題が改善されていることを確認し、すぐにでも買おうかと思ったのですが、ここはちょっとガマン。
PCを新たに組むことを決めていたので、どうせならそのPC完成を待って買うことにしました。
そして先日うちにやってきたMX-Master3ですが、先代とどこがどう変わっているのでしょうか・・・




こちらがMX-Masterです。
サイドのボタンにご注目。
サムホイールの横にある斜めのボタンですが、一般的にそこは「進む・戻る」ボタンですね。
他の機能を割り当てることもできますが、私もそこは普通に「進む・戻る」を割り当てています。
このボタンがこのマウスを台無しにしているんです・・・
まずその斜めに配置されたボタンの大きさや距離感が微妙なんですよね。
サムホイールを回したときに進むボタンを押してしまうことも多々ありましたし、何よりそのボタンの位置が手前過ぎるんです。
つまり、そのボタンを操作しようと思うと親指を思いっきり曲げてやらないと押しにくいんですね。
マウスは自然な状態で違和感なく操作できないと困ります。
親指の動かし方に非常にストレスを感じるのは私としては許せません。
そういうわけでこのマウスは数日間の使用をもってお蔵入りとなったわけです・・・




そしてこちらがMX-Master3です。
どうでしょう、サイドにあるボタンの配置が大きく変わっているのが分かりますね。
ここは変に凝ったデザインにせず、このようにシンプルなものが一番だと思います。
実際に触ってみても全然違和感を感じません。
MX-Rと同じ感覚で自然に操作することができます。
サムホイールは大きく変わっていますが、ここにボリュームを割り当てる私はその形や位置が多少変わっても問題ありません。
このMX-Master3にしてようやくMX-Rの真の後継機が現れたと言ってもいいマウスだと私は思います・・・




| PC関連 | 23:42 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/586
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   04 - 2020   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら