K100Dを買うべきか中級機を待つべきか、それが問題だ・・・
14日に発売されたペンタックスのデジタル一眼レフ「K100D」ですが、かなり評判がいいですね。
なんでも生産が追いつかない状態だとか・・・

手ぶれ補正機能「SR」の効果はかなり大きいようで、手持ちの1/10secなんてシャッタースピードでもバッチリ止まっている画像が多くアップされていましたね。
しかもボディの価格が6万円ほどであり、さらにメーカーからの1万円キャッシュバックにより驚異的な低価格となっています。
*istDSを使っている私としてはそんなK100Dが気にならないはずがありません。
「いっそ買い換えるか」と思いましたが、やはり本命は中級機です。

しかし、その中級機の情報がほとんど入ってこないため、気持ちは次第にK100Dへと・・・

いやいや、ガマンだ!
しかしK100Dも気になるなぁ・・・
K100Dを買ったら中級機の資金が・・・
ん~、6万くらい何とかなるよな・・・

なんて葛藤がしばらく続きましたが、なんとか「待つ」気持ちにさせてくれる情報が本日目に入りました。

とある掲示板での書き込みですが・・・
「中級機は秋のフォトキナに出品する」とのこと。
9月終わりに出品ですので、その少し前に発表がありそうです。
あと2ヶ月ほど待てば中級機の概要が見えてきます。

よーし、待ってやろうじゃねぇの。

さらに、ディスコンの嵐となっているレンズですが、その中の☆レンズの開発もしっかり行われているようです。
「銀塩でもデジタルでも・・・」ということでDFA☆レンズとして復活することは間違いないと思います。
ただ設計がかなり難しいようで、苦労してるみたいですね。

がんばれPENTAX


| カメラ | 23:21 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/62
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら