森のお家に泊まろう・・・
いや~疲れました・・・
ベビーカーをガタゴト押して歩くのはかなり疲れますねw

さて、そろそろ寝床へ戻ることにします。
今回泊まったのは「ホテルヨーロッパ」です。
チェックインはちょいと前にしていたので、すぐに部屋に戻り靴を脱ぎます。
この瞬間がたまらなく気持ちいい^^;



ベッドにデーンと横になると今にも寝てしまいそう・・・
夕食は軽く済ませておいたので、とりあえずコーヒーでも飲みながら休憩です・・・

しばらくすると辺りも暗くなり、ここで私一人でちょいと外へ撮りに出かけます。
今回のハウステンボスでの撮影はライトアップされた建物をメインとしていましたので、かみさんと子供をほったらかして嫌みを言われようがなんだろうが撮りに行きます。

ホテルを出てまず目に飛び込んでくるのがこれ・・・



高さ105mあるハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」です。



正面から見るとこんな感じですね。





眼鏡橋?



これがホテルヨーロッパです。
「海を庭に持つ・・・」と謳われているとおり、周りはもちろん中庭までクルーザーが入ってきます。

ここで一度部屋に戻ることに・・・

遅くなりましたが子供を風呂に入れなければ^^;
ここはバスとトイレが独立しているので子供を洗い場で洗うことができますから、バスタブにお湯が張れて助かります。
子供はいつもと違う風呂で若干戸惑い気味でしたが、なんか楽しそう^^
その後私一人バスタブでボーッとしていると・・・

ド~ン・・・

ドンッ・・・

ドンッ・・・

なにやら聞こえましたが・・・?
そこへかみさんがやってきて「ねぇねぇ、花火見ないの?」だと。

しまった!!

花火の時間をすっかり忘れていました。
この日はスペシャル花火とのことで是非見たかったのですが、今素っ裸で飛び出るわけにもいきません。
すぐに上がって着替えてみたものの、時すでに遅し・・・
子供を洗っているときに始まったようで、私はその間ぜんぜん気がつきませんでした。
忘れていた私が悪いのですが、かみさんももっと早く教えてくれればよかったのにw

しばらくの放心状態を経てまた外に出ることにしました。
でも花火は終わってしまったので何を撮ろう・・・
仕方ないのであちこちブラブラしてまた同じものを撮ってみますw



ドムトールンを別の角度から・・・
昼間にここの展望室に行ってみたのですが、ガラスを手でベタベタ触った痕が景色の美しさを台無しにw



そしてこれは迎賓館。
ハウステンボス内で頂点に立つホテルです。
ドブに捨てるくらいの金があれば一度は泊まってみたいですねw

しかしこの時間でも結構人が出歩いてますね。
私と同じように三脚担いで周りをキョロキョロしている人や、携帯で自分撮りしてる女性の横で肩を抱き合い甘い時間を過ごしているカップル。
また、バーでワイワイやっている人もいれば二人でのんびり飲んでいるシックな老夫婦。
その横を園内(国内かw)での仕事を終えた従業員たちが疲れた顔で“出国”していきます。
ここでも日常と非日常が入り交じった光景を目にし、なんだか不思議な感覚を覚えますね・・・


ここでふと時計を見るともう22時を回っています。
そろそろ部屋へ戻らないとマジで叱られますw

そして部屋に戻るとかみさんがやつれた表情で私を見ています。
どうやら子供がなかなか寝なかったらしく、先ほどようやく寝てくれたそう。
環境が変わり興奮していたのでしょう。
泣きはしなかったものの寝付かせるのにかなり手こずった様子です。

昼間は気付かなかったのですが、時折小さな子供の泣き声があちこちから聞こえてきます。
その理由は「中庭」です。
この日は夜も暖かく窓を開けている部屋が多いのでしょう。
泣き声がよく響いていました^^;

ちなみに中庭はこんな感じです・・・


さて、その後かみさんと二人でチーズやハムを肴にワインで晩酌です。
日付が変わりいい感じで眠くなってきました^^

さぁ、私らも寝ますか・・・


| 旅::ハウステンボス | 23:18 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/153
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   06 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら