お山の上からこんばんは・・・
今晩宿泊する宿は稲佐山の中腹に位置する稲佐山観光ホテル。
一人あたりプラス6000円(夕・朝の2食付き、子供は無料)でこのホテルに泊まることにしたのですが、6000円が高いか安いかそんなことはどうでもいいんですw
あらかじめ決められていたホテルでは夕食は付きませんので、子供を連れてどこで何を食べるか・・・などの心配をしなくて済みます。
また、せっかく長崎に泊まるのだから綺麗な夜景を楽しめるほうがいいですからね^^

その稲佐山観光ホテルに到着後、明日朝までのスケジュールや各種説明があり、ようやく部屋のベッドでゴロンと横になります。
今回利用する部屋は全室オーシャンビューの曙館にあるツインルーム。




オーシャンビューってカッコよく言ってますが、つまりは港と長崎の街並みを見下ろせる部屋ってことです^^;
しばらくベランダで一服しながら外を眺め、それぞれ風呂に入ってスッキリすることにしました。

その後ゆっくりするまもなく夕食ですw

夕食は長崎の伝統料理である卓袱料理。
ここに宿泊する他の3組の乗客達とテーブルを囲んで楽しくおいしく頂きました^^

しかしこの卓袱料理、お吸い物からスタートして刺身の盛り合わせやハトシ、焼きサザエ、ブリの照り焼きにエビ、ブタの角煮饅頭、煮魚、野菜の煮物、フカのおよごし(味噌和え)、皿うどん、スープ等々かなりのボリュームです。
とてもじゃありませんが全て食べきることは不可能ですw
デザートのあと、最後はおしるこで終了~

何度も言いますが、食べきれませんw
まぁ聞けば中国でのもてなし料理と同じで食べきれないほど出てくるのが普通だそうで、たとえ食べきれずに残したとしても気にしなくていいみたいです^^;
このとき内心「これだけで6000円の元は取れるんじゃねぇか・・・?」なんて思いましたが、今になって思えばプラス6000円でも安いくらいではないでしょうかね。

さて、たっぷり2時間近くかけて夕食をいただいたあと、一旦部屋に戻ります。
そしてすぐに着替えてホテルの送迎バスに乗り込んで稲佐山の展望台に行ってみました。




長崎有数の観光スポットである展望台からの夜景。
土曜日とあって多くの観光客で混雑していましたが、頃合いを見計らって撮ってみました。

残念なことに夕方から厚い雲が空を覆ってきましたので、どうもスッキリした夜景にはなりませんでしたね・・・

展望台の中にあるレストランでくつろいだあと、またバスに乗ってホテルに戻りました。
時計を見るとすでに22時過ぎ!
子供もあちこち連れ回されてさぞかし疲れたことでしょう。
日頃やんちゃで手が付けられないこの子もさすがに眠そうに・・・

してないやん!

この元気はどこから湧いて出てくるのでしょうか・・・w

しかしやはり眠かったのでしょう、しばらくするとコテンと眠ってしまいました^^

さぁ、明日はいよいよ復路の「みずほ」に乗車します。
ホテルの出発は8時30分頃ですので、私たちもそろそろ寝ることにしましょう。

寝る前にベランダからの夜景を撮ってお休みなさい・・・



| 鉄道::ありがとうブルートレイン第1弾「みずほ・あかつき」の旅 | 22:52 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/213
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら