赤い三連星・・・?
九州の旅客用電気機関車といえば交流のED76と交直両用のEF81ですが、そのEF81も保留車となって残るはED76のみに。
しかし、そのED76もいよいよその長い生涯を閉じようとしています。
そこでJR九州旅行が”さよならED76”との思いを込めて特別列車の運行を決めました。

ED76三重連「あさかぜ」「明星」です。
現在、JR貨物以外にJR九州が所有するED76は66号機、69号機と94号機の3機のみ。
その3機全てを使って三重連で、しかも今までリバイバル運転されていなかった「あさかぜ」と「明星」として運転します。
今回の区間は博多~門司港~熊本とちょっと変わっており、博多発が「あさかぜ」で熊本発が「明星」です。

「あさかぜ」といえば私が一番好きなブルトレで馴染み深い列車。
この企画を知った私がスルーするはずがありません・・・
今回はメールでの先着順とのことなので速攻で申し込みましたよ^^;

そしていよいよ25日朝・・・
数日前から風邪気味だったのですが、優れない体調などもろともせず博多駅へ向かいました。




うーん、できれば「寝台特急 あさかぜ号」って表示して欲しかったなぁ・・・
私は9時29分の入線を狙うため3番のりばに移動します。




懐かしい「あさかぜ」のカンを付けてゆっくりと入線してきました。
3番のりば南端の柵には大勢が群がり、なんとか望遠でその僅かな隙間から狙います。
赤いED76が3つ連なって客車を牽いてくるのはなんとも言い難い姿でありまして・・・w
後ろ2機はパンタが上がってませんので、ただ繋いでいるだけ(ムド)のようです。
また客車が4両しかないためバランスがイマイチ・・・
せめて6両ほどあればサマになったと思うのですが、使用できる客車もすでに4両しかないようですので仕方ありませんね。




その後すぐに1番のりばに移動するものの、先頭は凄まじい人、人、人・・・
とりあえずお顔だけ拝んで乗車することにしました。

今回は以前リバイバル運転で知り合った方も参加するとのことで、そのご家族とも久しぶりに再会しました。
奥さんと娘さんは福岡観光とのことで彼一人での乗車です。

さぁ、9時41分定刻に博多を出発しました。
「あさかぜ」が1番のりばから出発するのは違和感ありありですw
かつての博多駅では1番のりばは筑肥線で、上りブルトレはホームの長い4番のりばと決まっていましたから・・・
しかし今やここ博多駅はかつての面影など全く残しておらず、新駅ビルと九州新幹線関連の工事で線路の配線もホームの配置もガラッと変わってしまいました。
その1番のりばから出発した「あさかぜ」はのんびりと北上します。
途中、八幡駅で4分間の短いドア扱い停車があり降りてみましたが、相変わらず人多すぎなので車内に戻ろうとしたその時・・・
係員が走りながら何かを差して行きました。




その差していたものとはこの「号車札」です。
この日のためにわざわざ作ったのでしょうか、プラとはいえ手が込んでいますね。
その後この札は車内オークションで販売されるとのことでした。

八幡での停車はあっという間に過ぎ去り、次なる停車駅門司港に向けて「あさかぜ」は走り続けます。
そしてあっという間に門司港に到着・・・




お昼前のここはちょうど逆光です・・・
せめて隣のホームだったら・・・と、私だけでなくカメラを抱えた大勢のファンが思ったことでしょう。

さて、ここ門司港での停車は約2時間半。
参加者はここでその間自由に過ごすことになるのですが、私は腹が減ったので弁当の配布場所である鉄道記念館に行くことにしました。



| 鉄道::ED76三重連「あさかぜ」の旅 | 22:47 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/295
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら