阿蘇二日目・・・
この日宿泊した鷹の庄という宿ですが、宿全体がとても静かで、造りも雰囲気もとても落ち着いておりかなり気に入りました。
食事も質量共に申し分なく、従業員もきめ細やかな対応で好感が持てました。
またいつか利用したいなぁと、そう思えるお宿でした。

さて、前の日の午後から雨模様となった阿蘇地方ですが、この日も朝から弱い雨が降っています。
まぁこの日立ち寄る場所は1箇所だけなので雨でも構わないのですが、とりあえず前日に数百円の傘だけは買っておきました。
車を屋根のあるエントランスまで乗り入れ、荷物を積んで宿の皆さんとはお別れ。
部屋でギリギリまでゆっくりしてたもんですから、そろそろお昼になろうかとしています。
この日はこのあと宮地でお昼を食べて帰ろう・・・


宮地は内牧から20分ほどでしょうか、阿蘇神社の駐車場に車を駐めて横参道を散策します。
参道といってもそれほど大きくはないのですが、なかなかお洒落なお店が軒を連ねています。
雨さえ降っていなければつぶさに見て回ったのですが、お目当てのお店を見つけるとたまらず中に入って昼食タイム・・・




はなびし、という老舗の食事処でいただいた「あか牛の牛カツ重」です。
以前テレビかネットかどちらかでチラッと見かけて「これは食べたい!」と思っていたのですが、今回めでたく食べることが出来ました^^
まぁそもそもこの旅の目的が阿蘇の火口見学とこの牛カツ重だったわけですw
あか牛に関しては阿蘇に行けば必ず目にしますし、口に運ぶ機会も多いと思います。
特に内牧にある「いまきん食堂」のあか牛丼はあまりにも有名で、休日は3,4時間待ちなんてことも珍しくありません。

あか牛の美味さはサシの多く入った霜降りよりも赤身にあると私は思います。
元々脂肪分の少ないあか牛の赤身ですが、想像以上の柔らかさに皆さん驚かれると思います。
柔らかくてジューシー、そして牛肉のうま味がしっかりと味わえるこのあか牛、実は私もかみさんもこのあか牛が大のお気に入り。
地元福岡でもあか牛を見つけたら迷わず買ってきてしまうほど・・・
鶏は丹波の黒どり、牛は阿蘇のあか牛がうちのおすすめw

さて、この日いただいた牛カツ重ですが、噂に違わぬ美味さでした。
あか牛丼は焼いてスライスした肉ですが、こちらはカツなんですよね・・・
そのカツを薄く包んでいる衣のカリッとした食感と柔らかいお肉のバランスが絶妙です。
ただ一つ言わせてもらうとすれば、ちょいとお値段高すぎやしませんか?
一人前2800円という価格はちょっと・・・
お肉だけの牛カツ皿盛りでも2100円ですから、気軽に食べられる価格じゃありませんw
それでも味は確かですし、大勢のお客さんが食べに来ています。
ここ最近移転リニューアルされ、店内はゴー----ジャスに生まれ変わっており・・・

こりゃ~儲かりまっせ!

食後のデザートでも付けばまた印象は変わるのかもしれませんが、一度食べれば十分かな?

しかし、またいつか食べに行くんでしょう・・・
確かに美味しかったからw


さぁ、腹も一杯になって雨も小降りになってきました。
あまり長居するとGW最終日の大渋滞に嵌まって大変なことになりますので、そろそろ帰ろう・・・

ただ、せっかくここにやってきたのですから、とりあえず阿蘇神社だけは拝んで行こう。




ここも先の地震で楼門と拝殿が倒壊し、その他神殿なども損壊するなど大きな被害を被りました。
ですから往年の姿はそこにはなく、再建に向けた工事の真っ只中でした・・・
再建は2022年の予定とのことですから、再建後にあらためて訪れたいと思います。

最後に、帰路の途中で道の駅阿蘇でまたソフトクリームを食べ、かみさんお気に入りの「芋萌え」という饅頭や馬刺しに総菜類、阿部牧場の牛乳など買い込んで帰りました。

| 旅::阿蘇 | 21:30 | comments (x) | trackback (x) |

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   08 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら