工作の時間・・・交換編
エアコンパネルをLCIモデルのパネルに交換するにあたって部品を用意し、灰皿照明を生かすための分岐ハーネスを作成したところまで前回書きました。
今回ようやく交換したのでその記録を書き留めておきます。




これがLCI前のMスポーツに付いているパネルです。
同じ前期モデルでもラグジュアリーラインのパネルはシルバーの縁ありグロスブラックなのですが、それ以外は艶無しのブラックパネルとなります。
個人的にはここにLED照明があれば艶があろうがなかろうがどうでもいいんですけどね・・・




さて、このパネルを取り外すにはまずダッシュボードセンターのパネルを取り外します。
内張剥がしでこじって引っ張ってやるとエアコンの吹き出し口も一緒に付いてきますので、そこの配線コネクタを2ヶ所外してフリーにします。




次にエアコンパネル下にあるカバーを外しますが、爪は上側にあるので上側をこじって手前に引っ張れば簡単に外れます。
しかしこのカバー、一体何のためのパーツなんでしょうか?
一昔前の車にあったような大きな灰皿が付けられるわけではなさそうですw




そのカバーに灰皿照明用のLEDチップが付いているので、そのコネクタを外しておきます。
ちなみに他の一部のモデルには灰皿照明のないモデルもあるので、そんな車は電源を別の場所から引っ張ってこなくてはなりません。




ここまで来たらあとは赤丸のネジ(トルクスのT20)を4本外せばパネルが取り外せます。




このパネルからエアコンやオーディオのスイッチパネルを外すのですが、爪の場所を確認して内張剥がしを突っ込んでやります。
全ての爪を外すのは大変なので、片側1列フリーにしたら斜めに押し出す感じで抜いてやれば比較的簡単に外れます。
外したスイッチ部をLCIパネルに嵌め込んであとは元に戻すだけです。




完成の図。
パネルが艶ありになっただけで他に違いはありません。
しかしこれが夜になると・・・




こんな感じ。
あまり派手な感じでもありませんし、アクセントとしては丁度いいんじゃないでしょうか?
一応iDrive上でクラシック(アンバー)とスポーツ(ホワイト)の切り替えが出来ますが、BMWのイルミと言えばアンバーだと思っている私はクラシックに設定。

以上です。

光るから便利だとか楽だとか速いとか一切ありませんけど、まぁ自己満足の世界ですからこうやって遊ぶのもいいんじゃないでしょうか・・・

| 車::F30・いじり | 23:56 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/568
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   07 - 2024   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら