ちょいと鉄分を・・・
くっそ暑い中歩き回って、家族三人汗だくです。
私はワンショルダーのバッグを掛けていたのですが、バッグを後ろに前に入れ替えながら歩いていました。
それでも全身びっしょり。
早くホテルでシャワーを浴びたい!

ということで、出雲大社をあとにしてバスに・・・

は乗らず、しばらく歩いて南下します。




一畑電鉄の出雲大社前駅。
建物は国の登録有形文化財に指定されている貴重な物なのですが、なぜか外観を撮るのを忘れましたw
中はステンドグラスの明かり取りがいい感じです。






映画でも使用されたデハニ50型の52号車が展示保存されてます。
53号車は雲州平田駅構内に留置されており、そちら体験運転用としてしっかり動いております。
車内も全体を写したかったのですが、子連れギャラリーが多くて撮影は断念しました・・・

さて、電鉄の出雲大社前駅を出てさらに南へ歩いて行くと・・・




巨大なコンクリート製の鳥居ですが、これが出雲大社の一の鳥居です。
本来なら参拝はこの鳥居をスタートとするべきでしょうが、ここから拝殿まで結構な距離があるので一般的には先日紹介した正門の二の鳥居からスタートするようです。
高さ23m、柱の周囲6mと巨大ですが、驚くのが中央に掲げられた額の部分。
ここの大きさはなんと約6畳分だとか!

そんな鳥居を拝んでさらに南に行くと・・・




旧JR大社線の大社駅です。
明治も最後の年に生まれた駅ですが、この駅舎は大正13年に建てられた2代目の駅舎です。
そして1990年に大社線が廃止されましたが、この駅は全てそのまま保存されており、2004年に国の重要文化財に指定されました。










いいですね~
外観もすばらしいのですが、中もすばらしい。
時刻表も運賃表も廃止時のまま残されてます。
ホームにはD51も保存されていますが、屋根がなく雨ざらしなので状態はいいとは言えません・・・

さぁ、どうしても見ておきたかった大社駅も見ることができたし、そろそろホテルに行くことにします。
この旧大社駅近くのバス停からバスに乗って出雲市駅まで戻ります。
その出雲市駅のすぐ横にあるツインリーブスホテルが今夜のネグラです。

| 旅::山陰の旅 | 23:24 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://white-momiji.chicappa.jp/tb.php/534
トラックバック

  
PROFILE
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   04 - 2018   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
CATEGORIES
COMMENTS
TRACBACK
OTHERS
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
高精度自由雲台なら